My Photo

« 鍵盤にほこりが… | Main | 新潟だけど大丈夫らしい »

July 12, 2004

永井ドクター 逝去

永井ドクターを悼む

作家、医師の永井明さんが亡くなった。小説「カラダに聞いた15の話」は面白かった。
もともと柳田国男の「ガン回廊の朝」とか上野雅彦の「死体は語る」のような医学に関連する読み物は好きだったのだが、永井ドクターの書く話はこれらとはちょっと違う趣があって良かった。
「TVタックル」でテーマが医療問題の時に何度か出演されていたが、飄々として感じでとても好感が持てた。AICメディカル漂流記を読んでは、「永井さんみたいな老人になりたいなー。」とおもっていたが、もう新作は読めない。とても残念。
亡くなる際に一切の延命治療を拒否されたそうだ。永井さんらしい。
ご冥福をお祈りします。

カラダに聞いた15の話
永井 明

発売日 2000/12
売り上げランキング 318,712

Amazonで詳しく見る4043447051

« 鍵盤にほこりが… | Main | 新潟だけど大丈夫らしい »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/952790

Listed below are links to weblogs that reference 永井ドクター 逝去:

» 永井 明氏逝去 [興味本位]
僕はネット上のコラムを読むのが結構好きで、AIC(朝日インターネットキャスター) [Read More]

« 鍵盤にほこりが… | Main | 新潟だけど大丈夫らしい »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof