My Photo

« 三十路突入 | Main | 2004/12/28~30の反省 »

January 04, 2005

帰りの悲劇

横浜への帰りも磐越西線を使おうと思っていたが、上越線の時刻表(PDF)を見たら石打発大宮行きの臨時列車シーハイル上越2号というのがあったので上越線を使うことにした。

11時頃に最寄り駅を出発。
西新発田の駅の周りがかなり変わっていて驚いた。線路と並行して走る道路が新設されていて、さらにショッピングセンターらしき大きな建物が建設中だった。新新バイパスの新発田側の出口近辺は新しいお店が次々とできている印象がある。その分、新発田駅前はどんどん寂れて行っているような感じもするが。

新潟で乗り換えて長岡へ。長岡から新潟中越地震の被災地を通る越後中里行き普通列車に乗車。
長岡駅を出るすぐに進行方向の右側にプレハブがたくさん見えた。仮設住宅だろうか。
越後滝谷あたりから屋根にブルーシートをかけた家がちらほら見え始めた。小千谷あたりでは「要注意」と書かれた黄色い紙が玄関に貼られた家が何軒かあった。見た感じはまっすぐ立っているのだが住むことはできないのだろう。
越後滝谷から越後川口までは徐行運転。長岡から越後川口まで1時間弱かかった。

shihairu
石打で降りて16:24発のシーハイル上越2号に乗り換え。指定席券を買ったが、始発駅から乗るのだからべつに指定席券はいらなかったかもしれない。
この列車の中で悲劇が起きた。終点近くで便意を催して車内のトイレに入った。用を済まして水を流そうとペダルを踏んだのだが、出ない。何度踏んでも水が流れない。どうしよーっ!って言ってもどうしようもない。
仕方なくそのまま出てきたら次の人が待っていた。最悪。心の中で謝りながら逃げるように席に戻った。
ワルイノハオレジャナイヨー。

大宮で湘南新宿ラインに乗り換えて20:30頃に横浜に到着。
シーハイルに乗れたので早く着いたが、しかしあのトイレには参った。

« 三十路突入 | Main | 2004/12/28~30の反省 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/2464895

Listed below are links to weblogs that reference 帰りの悲劇:

« 三十路突入 | Main | 2004/12/28~30の反省 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof