My Photo

« サモンナイト3プレイ日記(2) | Main | 成長してない俺 »

September 19, 2005

サモンナイト3プレイ日記(3)

第6章から第8章の終わりまで
・イスラから意識を回復
・森がめちゃめちゃにさせる
・ヤッファに「あまり剣を呼ばない方がいい」と言われる
・キュウマがヤッファの意見に反対
・キュウマに島の遺跡「喚起の門」に連れて行かれる。剣の力で「喚起の門」を正常化することをレックスに持ちかける
・ヤッファが止めに来る
・そこにメイトルパの魔獣ジルコーダが襲ってくるも、撃退
・廃坑にあるジルコーダの巣でジルコーダの女王を倒す
・ジルコーダを退治した後、宴会。でもヤッファは無言で参加せず
・クノンがアルディラの薬の材料を取りに行くが、ジルコーダが残っていた。みんなで救出。クノンが笑う
・ミスミとキュウマが言い争いを目撃
・昼寝をしていたらアズリアと会う。みんなが駆けつけて戦いは回避
・帝国軍が宣戦布告をする
・帝国軍と対峙。アズリアと話し合うが理解を得られずやむなく戦闘。対国軍を撃退。
・ヤッファが苦しんでいる。呪いがかかっているらしい
・風雷の郷とユクレス村で不審火。帝国軍の仕業だろうという意見が多かったが、一部不自然な点も。
・キュウマがシャルトスの事を教えてくれた。シャルトスは無職の派閥の創始者が作り出した物でその後封印されていたが、ある錬金術師が島を放棄するという無職の派閥の方針に異を唱え、楽園の建設を目指して反乱を起こした。無職の派閥は鎮圧のためにシャルトスと「赤の暴君キルスレス」を使用した。キュウマの主人リクトは反乱を起こした錬金術師と友人で反乱に参加して討ち死にした。反乱は失敗したが無職の派閥は島から撤退した。
・スバルが帝国軍のビジュに捕まる。
・イスラの正体はアズリアの妹で帝国軍の特務部隊のメンバー。放火もイスラとビジュの仕業だった。
・人質を盾にしてイスラをシャルトスに奪われる。
・ミスミが人質を救出し帝国軍を撃退。レックスがシャルトスを強引に呼び戻すが倒れる。

« サモンナイト3プレイ日記(2) | Main | 成長してない俺 »

「ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/6008213

Listed below are links to weblogs that reference サモンナイト3プレイ日記(3):

« サモンナイト3プレイ日記(2) | Main | 成長してない俺 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof