My Photo

« September 2005 | Main | November 2005 »

October 31, 2005

年寄りは黙っていて欲しい

楽天とTBSの問題で諸井さん(太平洋セメント相談役)が楽天、というか三木谷社長を批判してるが、私は全く理解できない。
株20%近く持って提携を持ちかけるのを「脅迫」とか「敵対的買収」と言っているが、別に脅迫でも敵対的でもないだろう。「提携に応じなかったらTOBするぞ」というなら別だが。
そもそも株式を公開しているということは株を通じて誰でも経営に口を挟めるということであり、それがイヤなら自社株買いして上場廃止すればいい。
諸井さんには「良識派」っていうイメージを持っていたけど、一連の発言はまさに「老害」だ。

October 30, 2005

サモンナイト3プレイ日記(8)

やっとこさクリアし。
最終戦のメンバはレックス、カイル、ソノラ、スカーレル、ヤード、ヤッファ、ファルゼン、アルディラ。キュウマを外してアルディラを入れた。魔法攻撃がレックスだけではつらかったので。
スカーレルとキュウマのどっちをはずすか悩んだが、趣味でスカーレルに。ホランドとピエールならのピエールの方がいいかなと。
#そんな選び方かよ。
LVはフリーバトルで上げて35。3回くらい失敗してやっとクリアした。
ソノラがかなり早くやられたが、緑ボールとオレンジボールを倒して攻撃回数を貯めて(それぞれ8,9回くらい?)、ヤード、ファルゼンの回復でなんとか耐えながら魔法が良く効く方だけをレックス、アルディラで攻撃して倒した。召還師と物理攻撃で2隊に分けたらとても保ちそうなかったので。
しかし、結局イスラが何をしたかったのかわからなかったな。。。
今までの3作でシナリオが一番...

第16話、最終話
・遺跡でイスラを撃退。戦闘後、オルドレイクが現れイスラに再び呪いを欠けて去っていく。イスラ死んだの?
・遺跡の意志、ディエルゴが亡霊を呼び出して村々を襲う。島の住人たちはカイル一家の船まで退却。
・ディエルゴに真っ向勝負挑んで勝利。
・島の境界線を束ねていたディエルゴの消滅によって島も一緒に消滅しそうになる。レックスが剣の力でそれを防ごうとする。そこにディエルゴの消滅によって解放されたハイネルの魂が現れ手助けしてくれる。そして島は救われた。

サモンナイト3プレイ日記(7)

14話の対イスラ隊戦。高いところが弓撃たれまくり。待機状態を「見切」にしたソノラで倒してから進撃。

第14、15話
・カイル達がレックスに「相手を容赦なく倒す心構え」を持ってもらうかどうかで議論。レックスがそれを聞いてしまい飛び出していく。
・ウィルが探しに行くとレックスが決心を決めたという。
・イスラ率いる無色の派閥と戦闘し勝利。しかしレックスは決心したはずなのにイスラにとどめを刺せず、シャルトスが砕けてしまう。
・シャルトスを破壊したことにオルドレイクが怒るが、イスラが逆にオルドレイクを斬りつけ無色の派閥を裏切る。オルドレイクは深手を負う。混乱の中でビジュが無色の攻撃で死亡。
・シャルトスが砕け散り放心状態のレックス。
・ウィルがいなくなりレックスが探しに行く。ウィルは砕けたシャルトスの破片を拾っていた。そこに無職の派閥の客分、ウィゼルが現れる。魔剣鍛冶のウィゼルはシャルトスを修復できるという。レックスはウィゼルを信じて修復してもらうことに。
・レックスとウィル以外の仲間は遺跡を手中にしようとするオルドレイク達に戦いを挑むが敗れる。
・魔剣の修復が完了。新たな剣の名は「永遠の蒼ウィスタリアス」。メイメイさんが命名(ダジャレですか?)
・レックスが新たな剣を携えて遺跡に駆けつける。オルドレイク率いる無色の派閥と戦闘。撃退し無償の派閥を島から駆逐。その後、イスラも現れるがこちらも撃退。

October 22, 2005

アルスラーン戦記11 魔軍襲来

第10巻が出たのは何年前?もう続きは出ないもんだと思っていた。
火曜日に出てるのを見つけたがすぐには買わなかった。もし買ったら夜更かしして読んでしまい、翌日の仕事に支障を来すのは明らかだったので。
で、今日、ついに購入。表紙はルクナバートを抜こうとするアルスラーンだけど、そういうシーンはありません。2.5hくらいで一気に読んだ。
NHKで新潟vs横浜を見ながら。
#読んでたら新潟の得点シーンを見逃した!
前の巻から続くエピソードがいくつか。読み進めていくとだんだん思い出してきた。以外に覚えているもんだな。
さて、次は何年後?この巻で初登場の人物もいるけどあと3巻で終わるのか?

433407619X魔軍襲来 ―アルスラーン戦記(11)
田中 芳樹

光文社 2005-09-22
売り上げランキング : 29
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

October 19, 2005

寒っ!

今朝、というか昨日の朝になったけど、布団から出るときにこの秋初めて寒さを感じた。
今の住んでいる部屋は日当たりがとても悪い。
厳しい冬になりそうだなー。

October 17, 2005

小泉首相の靖国神社参拝について

中国・韓国に対する配慮なのか、それとも先日の最高裁判決に配慮なのか、かなり簡素な参拝だったようだ。中国・韓国は「行ったか、行かなかったか」しか見てないだろうから配慮するだけ無駄なことだが。
首相の靖国参拝は国内問題であり外国からなんやかんや言われる筋合いはないと思うが、そうは言っても中国は商売相手として重要だから無視するわけにもいかん。
とりあえず総理在任中は参拝を控えるってところで妥協しては。小泉首相。

October 16, 2005

10/10~16のアニメの感想

新アニメが始まって2週目。今週は3本も録画失敗。GUN×SWORDとIGPXとARIA。特にGUN×SWORDは悔しいなー。IGPXはガンパレの録画で頭がいっぱいですっかり忘れていた。
あと「ツバサクロニクル」は最終回。

「ガンパレードオーケストラ」第2話
第1話を見逃したので今回が初視聴。
うーん。戦時下の緊張感が全くない。GPMでは茜と壬生屋が戦死したが、この作品では戦死者出なさそう。
だいたい兵器の色がなんで青とか黄色?白なら青森という土地柄、雪上戦を想定しているという理由が考えられるが。
とにかくリアリティや難しい背景をなくしてライトユーザーにもアニメを見てもらいゲームを買ってもらおうという魂胆だろうが、今までGPMファンからは反発くらうのではないだろうか。
アニメを放送してゲームが複数本連続して発売というのは「.hack」のマーケティングを踏襲しているが、さて、「.hack」ほど成功するのか。

「舞-乙HiME」第2話
主人公の声優、子供みたいな声だなーと思ったら、「ツバサクロニクル」のモコナの声の人か。

「BLOOD+」第2話
エンディングの元ちとせの歌。編曲が「スキマスイッチ」の人なんだ。買おうかな。

「地獄少女」第2話
オープニングのナレーション、というかこの作品の場合は口上というべきか、は室井滋だった。
EDのスタッフロールを見るまで全く気づかなかった。
「吸血姫美夕」のOPナレーションは岸田今日子だったけど一発でわかった。あれに比べるとインパクトないなあ。

「ツバサクロニクル」最終話
原作に追いつくまでやるわけではないと思っていたがずいぶんと半端なところで終わりだなーと思ったら、来年4月から第二部をやるそうだ。そこでアニメオリジナルのお話でもやるのかね。

オール悪魔総進撃!

再販で安くなっていたので。聖飢魔ⅡのDVDを買った。「THE OUTER MISSION」とどっちを買うが迷ったが、こっちの方が断然長かった(109分、「THE OUTER MISSION」は確か22分)のでこちらにした。「RATS BANE」の映像もすごく見たかったんだけど。
#そういう基準で選ぶものじゃないだろう。
歴代構成員の表を見るとエース長官が1年ほど不在の時期がある。始めて知った。
DVDの冒頭で聖飢魔Ⅱの歴史を語ってるのは長官?参謀?よくわからん。
聖飢魔Ⅱがゼウスに敗れて閉じこめられたという「ヨッツンハイム」ってどこのことだろう?
「bitter valley」は渋谷、「god door」(god's doorだっけ?)は神戸というのは、かつて聖飢魔Ⅱが「徹子の部屋」に出演したときに黒柳徹子に指摘されていたので知っているが。

最初にバカそうな客の笑い声が入っているのがちょっとイヤ。でも他には不満なし。
「GUNS'N' BUTTER」って曲、知らないなあ。でも参謀の速弾きかっこえー。
14曲で3000円弱。お買い得だ。

サモンナイト3プレイ日記(6)

無職の派閥との最初の戦い。死にまくった。地形の起伏が激しくて隣接しても攻撃できなかったり、相手のTECが高くて攻撃がかわされまくったりとか。結局、フリーバトルでLVを25に上げ、ヤッファを外してあるアルディラを入れてなんとか勝った。ビッグボスブレスは高低差-3でなので起伏がある地形では使いやすい。
帝国軍に勝ったけどアズリアが仲間にならなかった。

第12話から第13話まで
・キュウマとヤッファが今までの経緯を他の護人に話す。
・アズリア率いる帝国軍が最後の戦いを挑んでくる。撃退。
・帝国軍に買った後、無色の派閥の軍勢がやってきて帝国軍の敗残兵を虐殺。その後戦闘。
・無色の派閥の率いてきたのは派閥幹部のオルドレイク。
・オルドレイクに碧の賢帝を奪われそうになるがイスラがアズリアを殺そうとしたところでレックスの怒りにより碧の賢帝の力が発揮されて無色の派閥の軍勢を撃退。
・無色の派閥が島にきたことで学校は休校に。
・ヤードとスカーレルがなにやら密談。
・無色の派閥がユクレス村を襲う。戦闘前にスカーレルとヤードがオルドレイクを暗殺しようとするが失敗。二人は故郷の村は無色の派閥の実験によって壊滅させられていたという過去が判明。
・オルドレイクの奥さん&ビジュ率いる無色の派閥第1陣と戦闘。勝利。紅き手袋の暗殺者たちは傍観?
・イスラ率いる第2陣と戦闘。イスラを倒すと抜剣。イスラが紅の暴君キルスレスを持っていた。双方が撤退。

October 15, 2005

本格的にボケてきた

仕事を終えて11時半ころに家に着き、いつものように夕飯の支度をしていた。
しながら、「何か今日は腹が空かないなあ」と思っていた。
食事を作り終えて今まさに食おうした瞬間、思い出した。
今日は同僚と外で夕飯食べたんだった。
食事したことを忘れるなんて、若年性痴呆症発症ですか。
やばい。

October 10, 2005

ゆくアニメくるアニメ(2)

10月から始まったアニメの第1話を見ての感想。
「ガンパレードオーケストラ」は見るつもりだったが、録画失敗orz

「IGPX」
どうしてもサイバーフォーミュラを想起してしまう。
アメリカのCartoon Networkと共同制作と言うことだが主人公がモロ日本人。いいのか?ポケモンを向こうにもっていくときに主人公の名前を「サトシ」じゃなくて人種がわからんような名前に変えたそうだが。
1話終わったところだけど、際だったキャラもいないし、今時3DCGのロボットアニメなんて珍しくもないし、全然「掴み」がない。
とりあえず視聴継続。

「ARIA The ANIMATION」
ギャルゲのアニメ化だと思ったらマンガ原作ものだそうで。
女の子が何人か出てきて(かつ男がまったく出てこなくて)、ちょっとしたできごとが起きる。と書いてしまうと「苺ましまろ」みたいだな。
「苺ましまろ」は見るのやめたけど、でもこっちは見ていようと思う。
どっちが好きかというのは、好みとか感性とかそういう問題なんだろうな。

「舞-乙HiME」
「まいおとめ」と読むのか。「まいおとひめ」かと思ってた。
前作「舞-HiME」のキャラがほぼそのまま出ている。パラレルワールドだと思ってみればいいのか。
でも公式HPを見た限りでは前作の遙と雪乃にあたるキャラがいない。まあ能登麻美子は「地獄少女」でがんばってもらえばいいか。
視聴継続。

「地獄少女」
「恨みを晴らす代わりに自分も地獄に落ちる」って、「スカイハイ」そのままでは?
ビジュアル的にちょっとだけ「吸血姫美夕」を思い出す。あれも結構好きだったので、この作品も好印象。
能登麻美子の声はいいなあ。今日日のアイドル声優とは一線を画すあの声。非常に好きです。
能登麻美子の声を聞くために視聴継続。セリフ少ないけど。

「BLOOD+」
今シーズン一番の期待作。前夜の特番「芸能人も大絶賛!アニメ問題作『BLOOD+』に迫る!」も見た。土田晃之、「アニメ大好き」ってスーパーが出ていたが、それでいいのか?ガンダム好きかもしれんがアニメ好きなのか?それよりもサッカー好きで子供好きではないのか?特番には押井守も最後に少し出て「立喰師列伝」の宣伝を少ししていた。
で、本編は、土曜の夕方6時から血出し過ぎです。嫌いじゃないけど。
OPの歌、種デスの主題歌も歌っていた人だがこっちの歌の方が好きだな。EDは元ちとせっていうのもコントラストがあっていいのではないでしょうか。
見終わって一つ疑問。「BLOOD THE LAST VAMPIRE」の監督って押井さんではなく北久保さんだとおもうのだが、北久保さんの名前が特番、エンディング、公式HP、どこにも出ていない。なんで?

October 09, 2005

ゆくアニメくるアニメ(1)

10月になり新アニメが始まったので、終わったアニメと続いているアニメと新アニメの第1話の感想。
まずは終わったアニメの感想。

「ガンダムSEED Destiny」
話数が足りなくてああいう終わり方になっただろうなあ。なんとういか、お粗末というか。
前半はアスラン、キラが主人公に思えた。シンの存在意義は?議長のいいなりで戦うだけのバカのままで終わってしまった。シンがいないとキラとアスランの圧倒的な力のために戦闘の緊張感がなくなるので、それを保つだけの存在になっていた。
どうしようもないストーリーと強すぎるキラ、影の薄い主人公。だめなところばかり目に付く作品だった。

「極上生徒会」
惰性で見続けていた。特に語るべき物も見つからない。
見終わって「ゲーム買おう」とも思わなかったし。

「創聖のアクエリオン」
河森監督、ノリノリで作っていたんだろう。スーパーロボットものって正直あまり興味がなかったが、これは良かった。
考え抜かれた、無理のない、それでいてかっこいいアクエリオンの合体変形。超合金欲しいです。
そして「無限拳」をはじめとする、毎回驚かせ、そして笑わしてくれる馬鹿馬鹿しい必殺技の数々。
ロボットアニメとしては久しぶりに大満足の一本だった。


続いて続いているアニメの途中までの感想。

「交響詩篇エウレカセブン」
鬱展開が長すぎる。よほど忍耐がないと見続けられないと思う。
全部で四十数話あるらしいが、無駄づかいしすぎではないか。
それに説明が不足している。ゲッコーステイトは軍を脱走してまで一体何をしようとしているのか。今日になって突然出てきた「絶望病」って何?
謎を一杯散りばめて視聴者を引きつけようとしてるのだろうか。そういうエヴァのマネをした作品って、今まで一つとして当たってないんじゃない?明らかにエヴァのパクリの回があったし。同じ過ちを繰り返すのか。

「ガンソード」
どうやら私は谷口監督作品が好きみたいだ。
「無限のリヴァイアス」、「スクライド」、「プラネテス」。どれも面白く見させてもらった。特に「プラネテス」。
復讐劇なんだけど、暗くない。アクションの切れがいい。キャラクターが立っている。敵キャラも魅力的。
最後まで楽しめそう。
DVD買おうかな。。。

「苺ましまろ」
「あずまんが大王」は萌え+ギャグだったが、萌えだけではつらい。ここまでお話に中身がないと。
2話で視聴中止しました。

October 05, 2005

録り逃した!

やってしまった。
ガンパレードオーケストラの第1話の録画を失敗。うわー。
WinMXとかWinnyとかを使えばどっかからダウンロードできるのかなー。

萌え?

整形外科の帰り、自分の前を小学校低学年くらいの女の子が歩いていた。
そして反対方向から同じくらいの年の男の子が歩いてきた。
二人がすれ違ってからちょっとして、男の子がぼそっと一言

「イマイチもえねえなぁ」

「もえねえなぁ」は漢字を当てると「萌えねえなぁ」か。
「萌え」は「かわいい」くらいの意味で使ったんだろう。
小学生も「萌え」なんて使うようになったのか。

October 04, 2005

1ヶ月で40万円プラス

資産が1ヶ月で40万円弱増えた。
(給料の手取り-支出)が20万円。先々月は90時間も残業したから。
外為証拠金取引の評価額が+10万円。
あと、前のアパートの敷金が帰ってきたりでなんだかんだで合わせて40万円弱。
ボーナスもらったみたい。

October 02, 2005

サモンナイト3プレイ日記(5)

第12話始めから途中まで

・岩浜でパナシェが「船が島に来るのを見た」と言っている。スバルとマルルゥは見ておらず、パナシェの見間違いでは?との意見。
・浜辺において先の帝国軍戦の時のように勝手に抜剣してしまう。現れたのは島を楽園にしようとして無職の派閥に刃向かった錬金術師、ハイネルの残留思念。遺跡封印の時に呼びかけてきた謎の声はハイネルの声だった。かつての戦いで核識となったハイネルは碧の賢帝と紅の暴君によって精神を引き裂かれて敗れた。ハイネルの残留思念は最後の力でレックスにこれ以上抜剣しないようにと言うと消滅。
・治療時のカルテからイスラは死と蘇生を繰り返している不死者だとアルディラ、クノンから伝えられる。
・ラトリクスで前に直した機械兵士ヴァルセルドが暴走。倒して停止させる。ヴァルセルドが仲間になる。

WILLCOM、新端末を発表

ウィルコム、全機種フルブラウザ搭載の新端末4機種

3年前、加入したときに買ったパナソニックの端末はアンテナの先っぽが取れてるしバッテリーもヘタってきたのでそろそろ買い換えようかな。
で、候補は京ぽん2と三洋電機の端末。京ぽん2でJavaアプリが実行できれば迷うことないんだけど。

October 01, 2005

サモンナイト3プレイ日記(4)

第11話終わりまで。

2度も戦闘でHPが0になり抜剣してしまった。召還師タイプでレベルアップのボーナスをほとんどMATに注いでいるためメチャクチャ打たれ弱い。遺跡ではZOCを無視してワープしてくる亡霊戦士から2発食らってあっという間にやられてしまった。
これじゃレックスは前線に出せない。なんだかなー。

・護人たちには黙って遺跡の調査にレックスとカイル一家、ヤードだけで行く。遺跡の力に縛られた亡霊たちが表れるも撃退。
・イスラ率いる帝国軍が現れるも撃退。
・遺跡の封印を試みる。本来なら2本の剣が必要だがシャルトスだけで行ったためレックスは遺跡に取り込まれそうになるが、なぞの声とウィルの呼びかけで意識を取り戻して封印に成功。
・アズリア率いる帝国がカイル一家の船までやってくる。戦闘後に封印したはずなのに勝手に抜剣してしまい、船で遭ったような嵐が起きる。

« September 2005 | Main | November 2005 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof