My Photo

« FF11 ついにレイズ | Main | 久しぶりの献血 »

May 05, 2006

阪神電鉄vs村上ファンド

阪神電鉄株問題(asahi.com)

また変な話になっている。会社は株主のものだ。村上ファンドは上場されている株を買っただけである。
なのになんでこんなに拒絶反応が起きるのか。筆頭株主が人材を送り込むことのどこに問題があるのか。前から言われているが、会社を買われたくなかったら上場廃止すればいいんだ。
マスコミもライブドアvsフジテレビの再現とばかりに騒動を煽っている。報道ステーションで記者がナベツネに「阪神が村上タイガースになったらどうしますか?」なんてバカな質問をしていた。いつ村上氏がタイガースのチーム名を「村上タイガース」にするって言った?ただ騒ぎ立ててネタにしているだけ。報道番組が聞いてあきれる。

« FF11 ついにレイズ | Main | 久しぶりの献血 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/9912177

Listed below are links to weblogs that reference 阪神電鉄vs村上ファンド:

» 阪神電鉄TOBに見る『村上ファンドの変質』Part4 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
で やっと『村上ファンドの変質』についての整理を試みてみます。 そこで再び、村上ファンド(村上世彰)ニュース M&Aコンサルティングが阪神電鉄に対して、取締役会の過半数以上となる9人を取締役候補者とする株主提案を提出したことが明らかになった。この株主提案に対し、阪神側は「経営支配目的の大株主」への変更と思わざるを得ないとのコメントを発表した。 さらに阪神電鉄も負けては居ません。 阪神電鉄:村上ファンドに詳細説明求める照会状 阪急ホールディングスと経営統合を目指す阪神電気鉄道は・・・(中略)・・... [Read More]

» 阪神電鉄TOBに見る『村上ファンドの変質』Part5 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
とにかく 5月になってからの村上ファンドは 頭脳集団らしくなくなって来たのである。ヘッジファンドらしくないのだ。 本場アメリカのジョージ・ソロスやジム・ロジャーズが聞いたら 今の村上ファンドの理念の無さに 呆れるのではないだろうか。理念が無いなら無いでよいのだ。 せめてヘッジファンドには 市場原理に則って(のっとって)『表向きくらいクール』であって欲しかった。もう一度 ロジャーズ林さん紹介のジム・ロジャーズ氏の言葉を張りなおしておきます。 ほとんどの投資家(投資ファンド)がおかす大きなミスのひとつは... [Read More]

« FF11 ついにレイズ | Main | 久しぶりの献血 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof