My Photo

« PCリサイクルと郵便振込 | Main | FF11 ビデオカード交換したが »

October 19, 2006

FF11 20BC「恐怖の狙撃手」

マネキンパーツが欲しくて野良で人を募りホルレーの岩峰の「恐怖の狙撃手」に行ってきた。
#集めるの大変だったorz
構成は狩/白、白/黒、白/黒。自分はもちろん白。白しかできないので。

作戦はこんな感じ。
1.BCに入ったら白がプロシェル、バウォタラ。
2.白が座ってMP回復。
3.MP満タンになったら狩が釣る。
4.狩は坂の途中のくぼんだところに戻ってハイポを飲みながら攻撃。危ないと思ったらためらわずハイポを飲むようにする。
5.白は狩を回復。ケアル2を連発するとタゲを取るのでケアル主体で回復する。

これで3戦して3勝した。1回戦は13分かかって結構危なかったが、これは狩が狙い打ちをまったく使わなかったかららしい。
2回戦は11分。3回戦は狩がイーグルを使ったのでさらに短くなった。
戦利品は全員がマネキンヘッドをゲット。あとは魔物たちのララバイ、ブレイズスパイクなど。

とにかく狩さんにはハイポを飲みまくってもらった。1戦でハイポ12個消費^^;
狩さんはシェルイヤリング+1や銀の認識票などで耐水+14まで強化して、さらにサポ白で魔法防御力プラスして、白を二人つけてるのに、12個もハイポが必要になる。
厳しすぎる。
自分はケアル2を使った時にたまに攻撃を食らったが、それほど痛くはなかった。銀の認識票やシェルイヤリングなどでそれなりの耐水装備をしていたので。それでも白盾するのは厳しいと思った。

ほかの人の攻略記事を読むと、狩狩白や狩のいないPTで勝った人もいるようだ。白盾という作戦もあるらしい。
狩狩白の場合はもっとハイポが必要になるだろう。
狩がいないPTは、はっきり言ってどうやって勝てばいいのか見当が付きません^^;
狩がサポ戦にしてタゲを絶対に保持し続けるようにすれば、一人近接攻撃の前衛を1人入れることは可能な様な気がするが、気のせいかもしれない。狩に可能だったとしてもやっぱりハイポ飲みまくりになるだろう。
結局、このBCはタゲ持ってる奴がひたすらハイポを飲み続けるのが勝利への唯一の道なのか。
なんだかなー。

[追加]
白はケアルだけしていればタゲを取ることはないという話を聞いていたが、そんなことなかった。
ケアル連発で白がタゲ取ることもある。修正入ったのかな?

« PCリサイクルと郵便振込 | Main | FF11 ビデオカード交換したが »

FF11」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/12337071

Listed below are links to weblogs that reference FF11 20BC「恐怖の狙撃手」:

« PCリサイクルと郵便振込 | Main | FF11 ビデオカード交換したが »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof