My Photo

« FF11 狩人とシーフのLV | Main | yahoo!BBのモデム故障 »

June 07, 2008

サンデーの編集部はひどすぎる

マンガ原稿1枚30万円は高い? 妥当? 人気漫画家が紛失した出版社提訴


雷句誠のブログ(株)小学館を提訴。


橋口たかしのブログ


小学館を訴えた雷句誠のブログ、小学館を擁護する橋口たかしのブログ、どちらも読んだが、自分は雷句誠の主張を支持する。
ひどすぎるよね。サンデーの編集者の態度。


雷句誠はサンデーでの連載を終了して小学館との関係を整理した上で訴訟を起こした。
対して、橋口たかしは今現在、週刊少年サンデーで連載を持っている。小学館に楯突くような主張をできるわけがない。雷句誠に反論することでサンデー編集部と何か取引したんじゃないか。
原稿料や単行本の印税を上げてもらうとか。
あと、雷句誠は自分でストーリーを考えるられる漫画家だが、橋口たかしは編集者に話をほとんど巻が手もらってるから、編集者に頭が上がらないんじゃないか。


そもそも小学館がカラー原稿を紛失したのが問題の根本原因なのに、札束(対した額ではないが)で頬をひっぱいたて
「金払ってやるよ。これでいいんだろ。」
みたいな小学館側の態度。ひどすぎる。だいたい、連載第1回のカラーページの原稿をなくすなんて、あり得ないだろう。
どういう管理してるんだ。
雷句誠くらいのクラスのマンガ家のカラー生原稿なら、まんだらけとで数十万円の値段がついてもおかしくはない。
しかしその金額を雷句まことに払ってしまうと、今後同じようなことが他のマンガであったときに、それくらいの金額を払わされる可能性があるから、なるべく少ない金額で黙らせようとしたんだろうな。


サンデー編集部の編集者が漫画家を奴隷のように扱うのはわかる。根性腐ってそうだもん。
彼らは一流大学を出て、小学館に正社員で入社。
そして
1.小学館の本流、教育関連書にたずさわりたい。
2.それが無理なら書籍の編集者。雑誌の編集部は忙しいから。
3.雑誌なら自分の興味のある分野
4.それも無理なら、せめて女性が多い編集部^^;
とかって思っていただろう。
でも、配属されたのは週刊マンガ雑誌編集部というもっとも希望から遠いところ。
マンガに理解も興味もない上に超多忙。
性格がねじ曲がって、ストレス解消に漫画家をイジメてるんだろう。


雷句誠も熱くなりやすい、ちょっと付合いづらい人なのかもれしれない。
でも、悪いのはサンデー編集部、小学館だと思う。

« FF11 狩人とシーフのLV | Main | yahoo!BBのモデム故障 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/41452314

Listed below are links to weblogs that reference サンデーの編集部はひどすぎる:

« FF11 狩人とシーフのLV | Main | yahoo!BBのモデム故障 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof