My Photo

« 磐田、降格圏を脱出 | Main | 1万円割れへ »

October 05, 2008

ルルーシュ生存説

最終話を見終わった時点ではルルーシュが生きていると考える余地なんかない、完璧な、文句のつけようのない終わり方だと思った。
ルルーシュ生存説を唱えている人は単に願望を素に屁理屈をこねているだけだろうと。


が、いろいろ人のブログを読んでいるうちに、だんだん生存説もそれなりの根拠があるのかなあと思い始めてきた。
こちらとか。


主張の中身は他のサイトに譲るとして、自分として生存説の一番のネックになると思っているのは「罰の重さ」ということだ。
スザクは今までやってきたことの報いとしてゼロとして生きることを強制され、個人として幸福を放棄させられた。とっても思い罰だとおもう。
もしルルが生きているとすると、スザクに比べて罰が軽くないか?
どこかに隠れ住んで人生を全うできるとしたら。
最終話が終わる前、ルルーシュは死ぬだろうけど、もし生き残るとしたらギアスの力が宿る両目を失い、自分が誰かもわからない状態で、重度の身体障害の状態かなあと思った。
コードによってなんのダメージも残らず生き残っているとしたら、今まで多くの人の意志を奪い、命を奪ってきたことを考えると、ちょっと納得いかない。


まあ、「殺される」ということはすごい罰かもしれない。
日本でかつて死刑(絞首刑)が執行されたが息を吹き返した人がいたそうな。体格がすごく良くて、死ななかったらしい。その人はそのまま放免されたそうな。
刑の執行=刑罰であり、改めて殺すことはないということらしい。
剣で腹を貫かれた=死刑を執行された、と考えれば、その後助かってもいいの、かな。
しかし自分がコードを持っていて助かることを知っていたとしたら、やっぱ卑怯くさいなあ。
あ、それで「ルルーシュは自分がコードを持っていることに気づいておらずマジで死ぬ気だったけど、コードのおかげで助かっちゃった」説があるのか。


谷口は監督とかスタッフが生きてるとか死んでるとか明言することはないと思う。
そういう議論が起こるところまで含めて「楽しんでね」ってことだろう。


参考:
ルルーシュ実は生きていた?ルルーシュ生存説
ルルーシュって死んだの? 派閥系統樹
ルルーシュは生きている?

« 磐田、降格圏を脱出 | Main | 1万円割れへ »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/42696475

Listed below are links to weblogs that reference ルルーシュ生存説:

« 磐田、降格圏を脱出 | Main | 1万円割れへ »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof