My Photo

« 代表監督にザッケローニ氏 | Main | 帝京大学医学部で多剤耐性菌の集団感染 »

August 30, 2010

金融緩和しても行って来い

日銀、追加金融緩和を決定 新型オペの規模を拡大 - ビジネス・経済:asahi.com


午前中は緩和に対する期待で円安・株高が進んだが、発表された内容が予想されたものとまったく同じだったので材料で尽くしで株価は上げ幅を縮め、外為は結局行って来いで終わった。


円高じゃなくて外貨安なんだから金融緩和なんかしても一時しのぎにしかならない。
介入だって同じだ。やったとしても単独介入。効果なんてたかがしれている。


菅総理を無策だと野党やマスコミは責めているが、俺はそうは思わない。
いや、無策なのはその通りかもしれないが、「打てる策があるのに何もやってない」のではなくて、「打てる策がないから仕方ない」と思う。
円高は国内要因ではなくて海外要因なのだから、日本がジタバタしてもほとんど意味がない。


自民党や公明党、それに小沢前幹事長は景気対策として国債を発行して公共事業するとか言ってるが、バカじゃなかろうか。考え方が20世紀のままだ。


また、どこの党も「成長戦略」とか言っているが、まだ多くの国民はそんな幻想を抱いているんだろうか。
先進国の市場はどこも成熟してしてこれ以上の成長はない。
BRICSなど途上国の市場は成長しているかもしれないが、そこには先進国だけでなく途上国の企業も群がっている。その中で日本が勝ち抜けるか?
「日本には世界一の技術力があるから大丈夫」とか言っている人がいるが、先日のNHKスペシャルでやっていたように、すでにアジアの国に技術面では追いつかれつつある。
また、町工場の熟練工しかできなかった加工の中には、最近NC工作機械の高機能化で機械で出来るようになってきたものもある。
他にも国際的な人材が育っていない点、現在の円高。
こんな状況で成長なんて、なんでそんな楽観的な展望を抱けるのだろうか。


日本人は現実を直視して思考を転換するべきだ。
永久に成長し続けることなんてあり得ない。

« 代表監督にザッケローニ氏 | Main | 帝京大学医学部で多剤耐性菌の集団感染 »

「ニュース」カテゴリの記事

「外国為替証拠金取引」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/49300106

Listed below are links to weblogs that reference 金融緩和しても行って来い:

« 代表監督にザッケローニ氏 | Main | 帝京大学医学部で多剤耐性菌の集団感染 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof