My Photo

« プロテインシェイカーの代わり | Main | TimerとTimerTaskで一定時間毎に処理をする »

January 13, 2012

スウェットのズボンのゴム交換

前記事で100円ショップで買い物、調味料シェイカーと他にスウェットのズボン用のゴムも買った。
寝る時に来ているスウェットのゴムがゆるゆるになっていた。
紐で縛ればずり落ちなくなるが、トイレでいちいち紐をほどくのが面倒なのでゴムの交換に挑戦。

非常に手間取った。
新しいゴムをズボンに通す方法を検索したら
「古いゴムを外に出して一端に新しいゴムを結んで他方の端を引っ張る」
というのがあったのでやってみたが、失敗した。
太いゴム同士を固結びすると、結束力が弱い上に結び目が大きく、ズボンのゴムを通す穴の中で引っかかる。強く引っ張ったら結び目がほどけたorz
試行錯誤してなんとか交換したが2時間近くかかった。

いつかまた自分でズボンのゴムを交換することがあるかもしれないので(あるかな?w)、そのときのためのメモ。
・ゴムは太いものの方が長持ちするかもしれないが、ズボンに通すのは細いものほど通しやすい。細めの方がおすすめ。
・ゴムは先に切らないで元の長さ(1.5m?)のままでズボンに通す。通してから必要な長さに切る。切るときはゴムの両端を縫いつける縫い代の考慮を忘れずに。
・今回は下図のようなものを作ってズボンのゴムの穴に新しいゴムを通した。左の楕円の物体は今回はアドエス付属のスタイラスを使った。右はゴムで端を二つ折り。ゴムを綿の糸で固く縫って、糸の一端をスタイラスに固く結んだ。スタイラスを掴んでズボンのゴムの穴を少しずつ前進させていってゴムを通した。スタイラスの部分は同じくらいの大きさでなめらかな形のものなら何でもいい。安全ピンなら直接ゴムと繋げられるし最適だと思う。
Gom

・試してはいないが、古いゴムと新しいゴムを結んで引っ張る方法の場合、固結びするのではなく糸で縫ったらいいのではないだろうか。縫った部分が小さいので固結びの結び目と違って引っかからないような気がする。
・どの方法にしても、一気にゴムを通すことは出来ない。少しずつ慎重にやること。

« プロテインシェイカーの代わり | Main | TimerとTimerTaskで一定時間毎に処理をする »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/53723293

Listed below are links to weblogs that reference スウェットのズボンのゴム交換:

« プロテインシェイカーの代わり | Main | TimerとTimerTaskで一定時間毎に処理をする »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof