My Photo

« サーブレット・JSPメモ002:tomcat-users.xml | Main | 「FXは中産階級のパチスロ」か? #fx »

February 07, 2012

サーブレット・JSPメモ003:開発環境その2:WTP

関連記事:サーブレット・JSPメモ001:開発環境:Eclipseの設定

Context要素

WTPでは、WEBアプリケーションの設定を記述するContext要素は

<ワークスペース>\Servers\<サーバ名>-config\server.xml

に書き込まれる。

Tomcat5以降ではContext要素を

<WEBアプリケーションのフォルダ>/META-INF/context.xml

に書くことが推奨されているが、WTPでは上記のように server.xml に書き込まれる。
試しに server.xml のContext要素をカットし新規作成した /META-INF/context.xml をベーストした。そしてWEBアプリケーションを「サーバーから実行」してみたが、404になった。
WTP Tomcat FAQというサイトの3.9を見ると、サーバービューでサーバーを開いてサーバー・オプションの「XMLファイルを分割してモジュールコンテキストを公開」というのにチェックを入れればいいような気がしたが、それでもダメだった。
Context要素をserver.xmlから出してcontext.xmlだけに書くやり方はわからない。未解決のまま。

Tomcatの実行環境

WTPにおいてTomcatの実行環境は

<ワークスペース>\.metadata\.plugins\org.eclipse.wst.server.core\tmp0

にある。
"tmp0" の数字部分は変わることもあるらしい。

プロジェクト毎のファイルは

<ワークスペース>\.metadata\.plugins\org.eclipse.wst.server.core\tmp0\wtpwebapps\<プロジェクト名> …(1)

にコピーされる。
動的WEBプロジェクトでは "<プロジェクトのフォルダ>\WebContent" の下にWEB-INFフォルダ、HTMLファイル、JSPファイルなどがあり、実行時にはこのWebContent配下が(1)にコピーされる。
WebContentというフォルダはWTP(動的WEBプロジェクト)のフォルダである。動的WEBプロジェクトの作成ウィザードの中で設定したディレクトリで(デフォルトが WebContent で、別のフォルダ名に変更可能)、Tomcat(WEBアプリ)の設定のどこかに WebContent というのが書いてあるわけではないし、実際のWEBアプリの構造上に WebContent というフォルダがあるわけでもない。

参考ページ:
Eclipse Web開発環境メモ(Hishidama's Eclipse WTP Memo) Eclipsにおける 動的WEBプロジェクトとTomcatプロジェクトの違い | OKWave

« サーブレット・JSPメモ002:tomcat-users.xml | Main | 「FXは中産階級のパチスロ」か? #fx »

サーブレット・JSP」カテゴリの記事

「開発環境」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/53928165

Listed below are links to weblogs that reference サーブレット・JSPメモ003:開発環境その2:WTP:

« サーブレット・JSPメモ002:tomcat-users.xml | Main | 「FXは中産階級のパチスロ」か? #fx »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof