My Photo

« サカダイ開幕スタメン予想 #albirex #jleague | Main | 第70期順位戦C級2組最終戦 #shogi »

March 06, 2012

PHPメモ013:配列関数 その3

array array_intersect(<配列1>, <配列2> [,<配列3> ...])
与えられた配列すべてに共通する値の要素からなる配列を返す。キーは配列1のものが使われる。

array array_diff(<配列1>, <配列2> [,<配列3> ...])
配列1から他の配列の要素の値と同じ値の要素を削除した配列を返す。

サンプルーコード
$arr1 = array('青森', '群馬', '長野', '滋賀', '岡山');
$arr2 = array('宮城', '群馬', '滋賀', '愛媛');
$result = array_intersect($arr1, $arr2);
dispArray($result);
$result = array_diff($arr1, $arr2);
dispArray($result);
echo "\n";

function dispArray($arr) {
	foreach ($arr as $key => $val) {
		echo '[' . $key . ']=>' . $val . ',';
	}
	echo "\n";
}
サンプルコードの出力
[1]=>群馬,[3]=>滋賀,
[0]=>青森,[2]=>長野,[4]=>岡山,

array array_chunk(<配列>, <要素数>)
配列を指定した要素数の配列に分割する。

サンプルコード
$a = array('Superior', 'Michigan', 'Huron', 'Erie', 'Ontario');
$b = array_chunk($a, 2);
print_r($b);
サンプルコードの出力
Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => Superior
            [1] => Michigan
        )

    [1] => Array
        (
            [0] => Huron
            [1] => Erie
        )

    [2] => Array
        (
            [0] => Ontario
        )

)

array array_merge(<配列1>, <配列2> [,<配列3> ...])
与えられた配列をマージしたものを返す。キーが重複した場合は後の引数の配列の要素が残る。

サンプルコード
$a = array('toyota' => 'Prius', 'nissan' => 'March', 'honda' => 'Insight');
$b = array('honda' => 'Fit', 'suzuki' => 'SWIFT', 'mazda' => 'CX-5');
$result = array_merge($a, $b);
dispArray($result);
echo "\n";

function dispArray($arr) {
	foreach ($arr as $key => $val) {
		echo '[' . $key . ']=>' . $val . ',';
	}
	echo "\n";
}
サンプルコードの出力
[toyota]=>Prius,[nissan]=>March,[honda]=>Fit,[suzuki]=>SWIFT,[mazda]=>CX-5,

array array_slice(<配列>, <オフセット>[, <要素数>])
オフセット(0オリジン)の位置から要素数で指定した数の要素を配列から切り出して返す。要素数を省略した場合は指定位置から後ろすべてを切り出す。

サンプルコード
$a = array('val1', 'val2', 'val3', 'val4', 'val5');
$b = array_slice($a, 2);
dispArray($b);
$b = array_slice($a, 2, 2);
dispArray($b);
echo "\n";

function dispArray($arr) {
	foreach ($arr as $key => $val) {
		echo '[' . $key . ']=>' . $val . ',';
	}
	echo "\n";
}
サンプルコードの出力
[0]=>val3,[1]=>val4,[2]=>val5,
[0]=>val3,[1]=>val4,

void list(<変数1>[, <変数2> ...])
配列の要素を変数に代入する。
list()は関数ではなく言語の構成要素である。

サンプルコード
$a = array('val1', 'val2', 'val3', 'val4', 'val5');
list($var1, $var2, $var3) = $a;
echo $var1 . "\n";
echo $var2 . "\n";
echo $var3 . "\n";
サンプルコードの出力
val1
val2
val3

« サカダイ開幕スタメン予想 #albirex #jleague | Main | 第70期順位戦C級2組最終戦 #shogi »

PHP」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/54157922

Listed below are links to weblogs that reference PHPメモ013:配列関数 その3:

« サカダイ開幕スタメン予想 #albirex #jleague | Main | 第70期順位戦C級2組最終戦 #shogi »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof