My Photo

« June 2012 | Main | August 2012 »

July 30, 2012

新潟、アウェイでFC東京に快勝

J's GOAL:試合詳細:2012 J1 第19節 FC東京 0-2 アルビレックス新潟

大学の先輩を誘って何年ぶりかわからないくらい久しぶりに味スタに行ってきた。先輩は元FC東京サポ。以前は年間パスを持っていたが、近年は仕事が忙しくて全く行ってなかったそうだ。
前日にローソンでチケットを買ったが、ビジター自由席が1600円。安くない?FC東京のオフィシャルHPだと2100円ってなってたけど、この試合は特別に安かったのかな?

当日、18:30試合開始だったが16:00に飛田給に到着。先輩も来ていたので合流してスタジアムへ。まだ入場口開いてない。早すぎたw
1時間45分くらい前ならそんなに待つこともなく入れて席も十分に空いていそう。1時間前だと席を探すのが大変そうだ。
あと、味スタはバックスタンドの1階、2階がホーム自由席だから、そっちの席でもいいかも。目立たないように新潟応援してればw
ただし、夕日が当たるので暑いかもww
あと、500mlペットのジュース、スタジアム内で買うと250円もする(゚Д゚) どこのスタジアムもこんなもの?150円とかにしたほうがみんな中で買ってくれて、かえって売り上げが上がるんじゃないかなー。

試合開始前、「FC東京魂」のMCの人(ラグアフェアだっけ?の人)が弾き語り。有名な曲らしいが、俺知らねw

試合開始。
最初の内はどっちもどっちかなと思っていたが、少し経つとやや新潟が押してるかなって感じがしてきた。
そのうちに三門のゴールで先制。
1点リードで前半終了。

ハーフタイムに花火。いつもとホームとビジターが入れ替わっていたが、ホームの方から花火が見やすいようにってことか。なるほど。

後半の早いうちに村上Out、アランミネイロIn。ケガか?と思ったが、後から聞いたところによると村上が足つったらしい。三門がSBに入るのかと思ったが征也が下がってSBに。そうか征也もSBできるな。
そして後半は半ばにその変わって入ったアランミネイロがゴール。これまでの試合でなかなか取れなかった追加点が入った。
そしてそのまま試合終了。完勝!
スタジアム観戦で新潟が勝つのを見るのはいつ以来だw

ミシェウが良かったように思う。キープしてタメを作っていた。
残念なのがBL。後半、決定機があったのに決められなかった。調子上がらないなー。全部が悪いわけではないが、FWの最大の仕事はやはりゴールを決めることだから。

快勝だったがFC東京が中2日だったことも忘れてはならない。
次節は柏。今節は4点取って勝っている。でも新潟は明らかに調子上向きだ。
下位の他チームは補強をしている。今の内にはなるべく勝っておきたい。
連勝するぞ^^/

July 15, 2012

新潟は浦和とスコアレスドロー、磐田は駒野が3アシストで快勝

J's GOAL:試合詳細:2012 J1 第18節 アルビレックス新潟 0-0 浦和レッズ

今年は浦和と2戦2引き分け。勝って欲しかったけど、悪くないんじゃないでしょうか。
どちらにもチャンスがあって、どちらも決められなかった。
BLは相変わらず調子上がりませんなー。菊地はミドルシュート、コースは空いていた。あれがサイドネットに突き刺さっていれば。
次節は2週間後、藤田は負傷交代だったらしいが、戻ってこれるかな?大輔がオリンピックで不在だからこれ以上の離脱は避けたいところだ。


J's GOAL:試合詳細:2012 J1 第18節 ジュビロ磐田 4-1 コンサドーレ札幌

駒野がコーナーから3アシスト(チョx2、ロドリゴ ソウトx1)。前田も得点。
最下位の札幌に快勝。
#できれば無失点で勝って欲しかったが。
山田は前半のみの出場だが、またケガ?

July 12, 2012

Androidアプリ開発メモ066:Android SDK tools Rev.20 で変わった事

PHP5認定技術初級試験を受けるまで、しばらくAndroidの勉強はほとんどやってなかった。
受験後、Android SDK を更新してみたら色々と変わっているところがあったので、メモしておく。SDK だけじゃなくて Android のWEBサイトとかも。

Android Application Project

まず、EclipseでAndroidアプリのプロジェクトの新規作成が Android プロジェクトから Android Application Project に変更されている。名前が変わっただけではなくウィザードも変わっている。
アイコンを作ることができる。また、作成するアクティビティについて色々設定できるようになっている。
一番最初にプロジェクトを作ったときはウィザードの最後でサポートライブラリを入れるように要求された。サポートライブラリがあれば、Android 3.0 以前でもフラグメントを使えるらしい。それだけじゃないと思うが、現時点で知ってるのはそれだけ^^;

Aap_01 Aap_02 Aap_03 Aap_04 Install_dependencies

作成されるアプリの雛形のコードも色々と変わっている。
アクティビティのコードではその時点では使われていないMenuItemとサポートライブラリがインクルードされている。
また、メソッドは以前は onCreate() だけだったが、onCreateOptionsMenu() が加わっている。ウィザードでオプションメニューを使う/使わないという選択はなかったのだが。

Mainactivity_java

res配下では、以前は画像ファイル用に drawable-ldpi、drawable-mdpi、drawable-hdpi の3つのフォルダがあったが、drawable-xdpi というのが加わった。タブレットなどより高解像度の画面用だろう。
layout には アクティビティ用のレイアウトファイル、menu にはメニュー項目のファイル、value にはがある。レイアウトファイルは以前は main.xml で固定だったが、アクティビティ名に応じたファイル名に変わった。
中身にも変更があって、ルートのレイアウトは以前は LinearLayout だったが RelativeRayout になっている。
メニュー項目のファイルはレイアウトファイルと同じファイル名になっている。
values には strings.xml(文字列リソースファイル)、styles.xml(スタイルファイル)、dimens.xml がある。dimens.xml は中身を見ると長さ(8dpとか16dpとか)が定義されている。
values-large には dimens.xml が定義されている。これはより高解像度の画面のための dimens.xml ということだろうか?
values-v11、values-v14 には styles.xml がある。API LEVEL 11 は Android 3.0.x、API LEVEL 14 は4.0~4.0.2なので、values-v11/styles.xml はAndroid 3.x(タブレット)用のスタイルファイル、values-v14/styles.xml はAndroid 4.x 用のスタイルファイルということだろうか?

Sampleapplicationfile_4

lint

Rev.20 よりもっと前からだと思うが、コードに対するチェックが厳しくなっている。
あらゆるXMLファイルに
「文書に対する文法制約 (DTD または XML スキーマ) が検出されませんでした。」
という警告が出る。また、XMLの要素に対して
「○○要素に××属性がない。」
のような警告がたくさん出るようになった。

Android Developers

WEBサイトのデザインが変わった。
記事へのURLが変わったところもあるのかもれいない。Android 開発ガイド - ソフトウェア技術ドキュメントを勝手に翻訳で画像へのリンクが切れているところがある。

参考ページ:
Y.A.M の 雑記帳: Android Dimension 単位
Android Lint の利用方法を記載 | Bescottee
Androidで互換性の高いアプリを書くための最悪ではない程度のプラクティス - oops

July 11, 2012

Androidアプリ開発メモ065:ライブフォルダ

「ライブフォルダはコンテンツプロバイダの単なるリアルタイムビュー」とドキュメントに書いてある。
表示される情報を見るまでにホーム画面から最低で2クリック必要なので、いまいち便利さがわからない。表示中にデータに変更があるとリアルタイムで表示が更新されるそうだが、それだけ?

アクティビティでは onCreate() でインテントのアクションが ACTION_CREATE_LIVE_FOLDER かどうかを判定し、ACTION_CREATE_LIVE_FOLDER だった場合は setResult() で RESULT_OK と必要なもの(情報の取得先のURIなど)をセットしたインテントを返す。

package com.example.livefolderex;

import android.os.Bundle;
import android.provider.LiveFolders;
import android.app.Activity;
import android.content.Context;
import android.content.Intent;

public class LiveFolderEx extends Activity {
	@Override
	public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
		super.onCreate(savedInstanceState);
		
		// インテントのアクションがACTION_CREATE_LIVE_FOLDERかどうかを判定
		Intent intent = getIntent();
		String action = intent.getAction();
		if (LiveFolders.ACTION_CREATE_LIVE_FOLDER.equals(action)) {
			setResult(
					RESULT_OK,
					creatLiveFolder(
							this, "LiveFolderEx", R.drawable.icon,
							LiveFolders.DISPLAY_MODE_LIST));
		} else {
			setResult(RESULT_CANCELED);
		}
		finish();
	}

	private Intent creatLiveFolder(
			Context context, String name, int icon, int displayMode) {
		
		Intent intent = new Intent();
		intent.setData(LiveFolderProvider.CONTACTS_URI);
		intent.putExtra(LiveFolders.EXTRA_LIVE_FOLDER_NAME, name);
		intent.putExtra(LiveFolders.EXTRA_LIVE_FOLDER_ICON,
				Intent.ShortcutIconResource.fromContext(context, icon));
		intent.putExtra(LiveFolders.EXTRA_LIVE_FOLDER_DISPLAY_MODE, displayMode);
		return intent;
	}
}

コンテンツプロバイダの方はquery()で表示されるデータを返す。
下記は上記のアクティビティで使っている LiveFolderProvider の抜粋。

// URL
public static final String AUTHORITY = "com.example.livefolderex.test";
public static final Uri CONTACTS_URI = Uri.parse("content://" + AUTHORITY + "/test");

@Override
public boolean onCreate() {
	return true;
}

/** カーソルの列名 */
private static final String[] CURSOR_COLUMNS = new String[] {
	BaseColumns._ID,
	LiveFolders.NAME,
	LiveFolders.DESCRIPTION,
	LiveFolders.INTENT,
	LiveFolders.ICON_PACKAGE,
	LiveFolders.ICON_RESOURCE
};

@Override
public Cursor query(Uri uri, String[] projection, String selection,
		String[] selectionArgs, String sortOrder) {
	// クエリー実行時に呼ばれる
	MatrixCursor mc = new MatrixCursor(CURSOR_COLUMNS);
	
	// マトリックスカーソルへの行追加
	mc.addRow(new Object[] { 
			0,						// ID
			"Webページの表示",		// 名前
			"Webページを表示する",	// 詳細,
			Uri.parse("http://www.google.com/"),	// インテント
			getContext().getPackageName(),	//アイコンパッケージ
			R.drawable.icon
	});
	
	mc.addRow(new Object[] {
			1,							// ID
			"ダイアラーの表示",			// 名前
			"ダイアラーを表示する",		// 詳細
			Uri.parse("tel:117"),			// インテント
			getContext().getPackageName(),	// アイコンパッケージ
			R.drawable.icon
	});
	return mc;
}

AndroidManifest.xml にはアクティビティのインテントフィルタに "android.intent.action.CREATE_LIVE_FOLDER" を、カテゴリに "android.intent.category.DEFAULT" を設定する。これでホーム画面を長押ししてライブフォルダを作成を選んだときの選択肢にこのアプリが表示されるようになる。
本に載っていたサンプルアプリではprovider要素にandroid:multiprocess属性があって値がtrueだった。これは必要なんだろうか?なくてもライブフォルダは表示されるが。
下記は抜粋(application要素)。

<application
    android:icon="@drawable/ic_launcher"
    android:label="@string/app_name"
    android:theme="@style/AppTheme" >
    <activity
        android:name=".LiveFolderEx"
        android:label="@string/title_activity_live_folder_ex" >
        <intent-filter>
            <action android:name="android.intent.action.CREATE_LIVE_FOLDER" />
            <category android:name="android.intent.category.DEFAULT" />
        </intent-filter>
    </activity>
    
    <provider
        android:name="LiveFolderProvider"
        android:authorities="com.example.livefolderex.test">
    </provider>
</application>

参考ページ:
f. ライブフォルダ - ソフトウェア技術ドキュメントを勝手に翻訳
Android Developers Blog: Live folders

2012年7月新アニメ雑感

TARI TARI
P.A.WORKSということで見てみたが、とりあえず第1話を見た限りではまだ何とも。
「花咲くいろは」と同じような女の子3人組に、男子2名が加わる。主に旅館で話が展開するいろはと違って学校での話が中心となるこの作品では当然なんだろうな。
いろははストーリーがそれほど良かったとは思えないが女の子を愛でる作品として見続けられた。でも男子が加わったこの作品はストーリーがダメならそこで視聴中止。
今後見続けるかはお話の出来次第。


人類は衰退しました
原作は1巻だけ読んだが、相当前なのであんまり覚えていない。
予想通りのゆるい作品。
#ほめてます。
絵柄もかわいく牧歌的、癒し系な感じ。妖精さんかわいい。実際は食料の生産もままならない厳しい世界なのだが。
ブラックな笑いもある。第1話のラスト、キャロットパンは笑ってしまったw
視聴継続。


じょしらく
「このアニメは女の子の可愛さをお楽しみ頂くため、邪魔にならない程度の差し障りの無い会話をお楽しみ頂く番組です」とのことだが、久米田康治原作なので、多少差し障りのある内容もw
しかし絶望先生に較べたらずっとに薄い。「女の子の可愛さを楽しむ」のだからそれでいいんだろうけど、毎週見るほどのでもない感じなので視聴中止。


もやしもんリターンズ
原作既読。前のアニメは未視聴。
アニメのオリジナル要素はほぼなくて原作通りだと思う。日本酒造りのところから話は始まる。原作だとだいぶ最初の方の巻?
OPでフランスが出てたような気がしたが、13話でそこまでたどりつけるのかなあ。
視聴継続。


マクロス超時空ゼミナール
「愛・覚えていますか?」のblu-rayが出るのでその宣伝で1回限りかと思ったら続き物だった。
冒頭にシェリル(遠藤綾)の解説があって、あとは過去のマクロスのダイジェスト。第1回は「超時空要塞マクロス」の第1話、第2話のダイジェストだった。
見れば懐かしさもあって面白いと思うが、毎回見るほどでもないかなと。
視聴中止。


うぽって!!
1話だったか2話だったか忘れたが、たまたまやっていたので見てみた。
「女の子の可愛さを楽しむ」ならじょしらくよりこっちの方がいいかなーと思った。銃器の雑学も学べる?
でも継続してみるほどでもない。
視聴中止。

他には相変わらずラノベが原作の作品が多い。一昔前ならラノベ原作のアニメはストーリーがしっかりしていてそれなりに楽しめるというイメージだったが、最近のはなんだかなあ。今期も人退を除くラノベ原作アニメはどこかで聞いたことあるような内容だったり、設定厨乙みたいな内容だったり、ラノベじゃなくて○ランス書院の間違いじゃねえの?みたいな内容だったりw


というわけで7-9月の視聴作品は前期からの継続が
宇宙兄弟、HUNTER×HUNTER、エウレカセブンAO
新アニメが
TARI TARI、人類は衰退しました、もやしもんリターンス
の合わせて6作品。

July 09, 2012

2012年6月終了アニメ感想

4月の開始時点では「「宇宙兄弟」と「エウレカセブンAO」は切るかも」と言っていたが、結局視聴を継続。
見る作品が多くて大変だった^^;
簡単に感想を。5段階評価。ネタバレあり。


アクエリオンEVOL
評価:3.5
なんと言っても衝撃的だったのが
「アポロが犬だった」
こと。うーん。。。
前作の時からそういう設定だったのか、それとも今作で変えてしまったのか。どちらにしても、ちょっと受け入れ難いなあ。
それ以外のところも前作を超えるインパクトはなかった。つまらない作品じゃなかったけど前作がすごい好きだったので期待が大きい分ちょっとがっかりした。
Akino、Bless4の歌は良かった。


Fate/Zero
評価:4
作画もストーリーも良かった。ただ、お話を理解できてないところもあった。
たとえばキャスターは龍之介が死んだ後もセイバーにやられるまで存在してたけど、龍之介が死んだ時点で魔力供給が途絶えて消えるんじゃないの?法具からの魔力供給で存在を保ってるとしたらマスターいらないじゃん。
あと、最終回でセイバーが「またここに戻ってきた」といっていたあの戦場のような場所は何処?死後の世界?セイバーの心の中?
前作「Fate/stay night」も見てたけどあんまりはっきり覚えてないし。ちゃんと理解するには「Fate/stay night」のゲームやって、「Fate/Zero」の小説読むのが一番いいんだろうけど、ゲームはずいぶん前の作品だから入手困難かも。すごい長いゲームで社会人向きではないらしいし。
おいらの頭がアレなので完全に理解できていなだけで、聖杯問答、ウェイバーとライダーのやり取り、対照的な切継と綺礼の思想などなど、面白いところがたくさんあった。原作の力だな。虚淵さんすげえ。


謎の彼女X
評価:3
よだれアニメ。エロいと思うか気持ち悪いと感じるかは人それぞれだろう。自分は前者。
ただ、主役のCV、あれは何なんだろう?主題歌も歌っていたが、アイドル崩れ?もうちょっとマシな演技できる人を使えばいいのに。
まあ気楽に見れた。そのうち原作コミック読んでみよう。


黄昏乙女×アムネジア
評価:3
主題歌が良かった。歌っているのは新人でまだ15歳だと。すばらしい。
ただ、あんまり早く世に出るとすぐに消えてしまいそう。アニソン歌手もアイドル声優並みにボコボコ出てくるからなあ。
作品は内容は、まあまあ。
「謎の彼女X」とこの作品、どちらもちょっとHな学園モノで気楽に見れる。今思うと両方見ることなかったw


ヨルムンガンド
評価:4.5
原作既読。
完全に終わったわけではなく分割2クールの1クール目が終わったところ。
概ね原作通りで雰囲気とかは全然壊してないのでよい。ココもヨナもかわいい。けっしてかわいい絵ではないが、CVの演技もあってかっこよいしまたかわいくも感じられる。
渋いレームのおっさんをはじめとするとココ小隊のメンツもいいね。
戦闘描写もかっこいい。レームやルツの狙撃、それになんといってもバルドラ回のフレシェット弾w怖えよあれww
シリアスとコミカルが原作と同じ感じでいい配分だ。これけっこう重要だと思う。ハガレンのアニメ(1作目)は配分がおかしくて(シリアス一辺倒になって)見るのがつらいアニメになってた。
OP歌は川田まみ。今まで彼女の歌(シャナとか禁書目録とか)って特に好きでも嫌いでもなかったが、この「Borderland」はとても気に入った。かっこいい。
END歌を歌っている人、やなぎなぎっていう人だが、化物語のEND歌のボーカルやってた人らしい。歌は別にいいんだけど、やなぎなぎって名前がちょっとどうかなと。「やなぎなぎ」とか「春奈るな」って名前、なんかAV女優みたいって思ってしまったw
文句付けようのないすばらしいアニメ化だと思う。このまま原作通りに進めて欲しい。
10月からの後半も当然見る予定。


CANAAN
評価:2.5
再放送だが自分は初見だったので感想を。
原作というか原案のゲーム「428 -封鎖された渋谷で-」を途中までだけどやってたので最後まで見たけど、もしゲームやってなかったら見なかったなあ。

継続している作品だと「エウレカセブンAO」が、最初はどうかなと思ってたけどだんだん面白くなってきた。「エレナは何者なのか」って話は面白かった。その次の回では月光号が出てきたし、謎だった前作とのつながりが次回ではっきりするのだろうか。盛り上がってまいりました。
設定はずいぶんおかしいところが多いが、まあそこは目をつぶれば見れるw
#IFOに子供しか乗れないとか、シークレットにはIFOでしか対抗できないとか、いちおう理由付けはあるみたいだがこじ付けっぽい^^;

July 08, 2012

Androidの開発環境壊れたかと思った

数日前、Androidの開発環境を更新した。
SDK Tools がRev.20、SDK Platform-tools がRev.12になって、ADTもそれに合わせて更新。
そしてEclipseを再起動すると、なんかおかしい。
まずEclipseのメニューからAVDが起動しない。AVD選択のダイアログは出るのだが、AVDを選択して開始ボタンを押しても Launch Options の画面が出てこない。AVDがない状態でAndroidプロジェクトを実行すると、AVDは立ち上がるのだが起動途中の画面で止まる。いつまでたってもホーム画面まで行ってくれない。
また、SDKマネージャも起動しない。こちらはうんともすんともいわない。
さらにLogCatのビューがおかしい。「LogCatのビューでつくれないよ。」みたいなエラーメッセージがビューに表示されてログは表示されない。前の2つは回避策(スタートメニューから起動する)があるのだが、LogCatビューが機能しないのは困る。
ADTをインストールしなおしてみたが状況は変わらず。SDKやEclilpseの再インストールは時間がかかりそうなので避けたい。

Eclipseのログを見るとクラスがないとかメソッドがないとかエラーが出ている。
ネットで調べても有用な情報なく、日本Androidの会にでも相談してみようかと思った。しかし、質問する直前に解決方法を見つけた。非常に簡単なことだった。というか、最初に気付けよ!っ て感じ。

解決策は、eclipse に-cleanオプションを付けて起動する。
恥ずかしいorz
日本Androidの会に相談しなくて良かった。バカな質問をするところだった。

たた、なぜか1回だけではだめで、2回やらないといけないかった。
1回目の-cleanオプション付けた起動でLogCatビューは直ったのだが、SDKマネージャとAVDの問題は直らなかった。
もう1回-cleanオプションで起動したら、残りの問題も解決した。

まあとにかく、この度の教訓。
Android SDKとADTを更新したら、次のEclipseの起動時には念のため-cleanオプションを付けろ。何か異常があればもう1回-cleanオプション付けて再起動しろ。

July 06, 2012

PHP5技術者認定試験初級受験

昨日、PHPの資格試験「PHP5技術者認定試験初級」を受けてきた。

プロメトリックIDは5年間使わないと無効になるそうで、それを知らなかったのでWEBから申し込みができなくて焦った^^;
IDを取り直したたら問題なくWEBから手続きできた。

受験申込の確認書類に「集合時間(15分前)に遅れた場合は受験できません。」とあったので、昨日は30分近く前に試験会場に行った。
受付を済まして集合時間まで勉強したノートで最後のチェック。集合時間になったら試験部屋に案内された。
試験開始時間まで15分、ただボーっと待つのかと思っていたが、すぐ試験開始してもいいみたいだったので試験スタート。
試験問題は40問で制限時間は1時間。絶対1時間もかからないw
正確に覚えていないが、たぶん25分くらいで試験終了。
受付で結果レポートをもらった。
「得点:92点 結果:合格」
2問くらい間違ったかな。

帰宅後、結果レポートを良く見てみると、セクション別正解率で100%じゃなかったのは
「6:Webフォームの作成」
「18:出力バッファ」
「19:定数・予約語」
の3つ。
「19:定数・予約語」は正解率が0%だったが、これはこのセクションの問題がなかったからじゃないだろうか。最後の問題が確か出力バッファの問題だったから。
「18:出力バッファ」の問題は1問自信がないのがあったから、それが間違いだったかも。
よくわからないのが「6:Webフォームの作成」。やはり1問自信がない問題があったが、今調べたら自分が選んだ答えで合っていたようだ。
#is_numeric()とかis_int()とかはノーマークで覚えていなかった。
とすると、どんな問題で間違ったのかわからない^^;

「PHP5技術者認定試験初級」はなにか1つプログラミング言語を使える人なら結構簡単に合格できると思う。テキストに指定されている「始めてのPHP」を読んで、あとは少し試験勉強(WEB上の練習問題をやる、暗記しておいた方がよさそうなもの(date(),strftime()の書式とか)を覚えればいいだろう。
自分の場合は既に他のPHP入門書を1冊読んでいたので、それに加えて試験対策本を買って、あとはWEB上の問題集をやった。
これからIT関係で就職を目指す学生さんなら試験内容は難しくないので受けておいてもいいんじゃなかろうか。

PHP公式資格教科書 PHP5技術者認定初級試験対応 (EXPERT EXPASS)PHP公式資格教科書 PHP5技術者認定初級試験対応 (EXPERT EXPASS)
PHP技術者認定機構 監修 酒徳 峰章 インターネット・アカデミー 著

技術評論社 2011-11-01
売り上げランキング : 35410

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

July 04, 2012

ウナギ価格高騰・レバ刺し禁止ってそんなに問題だろうか

最近テレビで、
「シラスウナギの漁獲が減ってウナギの価格が高騰している」
「レバ刺しの提供が禁止」
という2つのニュースを見たが、これってそんなに問題だろうか?

どちらも、そんなに頻繁に食べるものか?
うなぎって何か祝い事がある時や、これから大変なことをやる前に精を付けたい時、逆に大変なことを終えて疲労を回復したい時に食べるものでは?ラーメンや牛丼みたいに普段食べるものではないと思う。

レバ刺しって自分は食べたことがない。食いたいとも思わない。レバーに限らずユッケとか、肉を生で食べることに抵抗がある。
加熱調理したレバーは普通に食べたことある。レバニラ定食とか。
レバ刺し禁止に対して食文化が云々と言っている人がいたが、レバ刺しが一般的に食べられるようになったのって戦後でしょ?食文化なんて言うほどの大層なモノとは思えない。
それに焼肉店は売り上げが減るというが言うが、レバ刺しがなければその分別のメニューを注文するのでは?レバ刺しより安いメニューを注文するかもしれないが、それでもレバ刺しの売り上げが丸々なくなる訳ではないだろう。

米や小麦の価格が高騰したり食べれなくなったら大変だが、ウナギやレバ刺しごときで騒ぎすぎだ。
シラスウナギの漁獲量の減少は自然保護の観点から非常に重大な問題だと思うが。

July 01, 2012

新潟追いついて引き分け、磐田ホームで快勝

J's GOAL:試合詳細:2012 J1 第16節 アルビレックス新潟 1-1 鹿島アントラーズ

試合前も試合後も監督が言ってたように、降格圏にいる新潟は勝点3が必要だ。
追いついて引き分けってのは今シーズンの中の試合では悪くないのかもしれないが、でも結果としては15位との勝点差が5に広がった。
その上、いつになったら出てくるんだ?と思っていた中村が再骨折し、ジンスは半月板損傷orz
もう今シーズンの左SBは菊地に任せるしかないようだ。菊地の本職はやはりボランチだと思うんだけどなあ。菊地のボランチは的確に状況を判断して人に付いたり、パスコース切ったり、タイミングよく攻め上がってペナルティエリアに入ったり、ほんとうに良いと思う。
でも今のチーム状況だと致し方ない。
残り18試合で勝点13。去年の16位(浦和)の勝点36に到達するには、例えば6勝5分7敗。5勝だったら5勝8分5敗。
できるか?きびしいよなー。もっと早く監督変えてれば。。。
次節札幌戦は絶対に、絶対に勝たないと。


J's GOAL:試合詳細:2012 J1 第16節 アルビレックス新潟 1-1 鹿島アントラーズ

山田は仙台戦で足の甲踏まれたらしいがどの程度のケガなのか。公式には特に情報がないから骨折ではないと思うけど。早く帰ってきてー。
松浦はベンチ入りもしてない。体調不良って話が出てから結構経つけど、なんか病気?ギュンギュンみたいな例もあるから、心配だ。
でも勝った。
シュートがゴール前に飛び込んで先制。2点目は宮崎が角度のないところから決めた。ミスキックがたまたま入ったらしいがw
やはり山田がいないとポゼッションは下がるが、決定力で勝った感じかな。
で、勝ったら得失点差が効いて3位。驚いた。意外と上位と勝点差なかったんだな^^;

« June 2012 | Main | August 2012 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof