My Photo

« WindowsのPHPにSmarty3をインストール | Main | PHPメモ034:ファイルを日本語ファイル名でダウンロードさせる »

September 27, 2013

PHPメモ033:Smarty3の変数

Smarty3では以下の例のような変数を変数名に使ったり(可変変数)、計算式や関数をバッククウォートで囲って計算結果や関数の返り値を変数の値に使うことができる。
#Smarty2ではできない。

phpコード

<?php
require_once("Smarty-3.1.14/libs/Smarty.class.php");

$smarty = new Smarty();
$smarty->template_dir = "../templates/";
$smarty->compile_dir = "../templates_c/";


$smarty->assign('n1', '747');
$smarty->assign('n2', '777');

$smarty->assign('b_747', 'Jumbo Jet');
$smarty->assign('b_787', 'Dreamliner');

$smarty->assign('a', '5');
$smarty->assign('b', '7');


$array1 = array('春', '夏', '秋', '冬');
$smarty->assign('array1', $array1);

$smarty->display('variable.tpl');
?>

テンプレート

{$b_{$n1}}<br />  {* 可変変数 *}
{$n3 = "`$n2+10`"}{* 計算結果を利用 *}
{$b_{$n3}}<br />  {* 可変変数 *}
{$tmp1 = "季節は`$array1[2]`です。"}{* 配列の値を利用 *}
{$tmp1}<br />
{$tmp2 = "5×7=`$a*$b`"}{* 計算結果を利用 *}
{$tmp2}<br />
{$ts = "time={time()}"}    {* 関数の戻り値を利用 *}
{$ts}<br />

出力

Jumbo Jet<br />
Dreamliner<br />
季節は秋です。<br />
5×7=35<br />
time=1380205156

« WindowsのPHPにSmarty3をインストール | Main | PHPメモ034:ファイルを日本語ファイル名でダウンロードさせる »

PHP」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/58277364

Listed below are links to weblogs that reference PHPメモ033:Smarty3の変数:

« WindowsのPHPにSmarty3をインストール | Main | PHPメモ034:ファイルを日本語ファイル名でダウンロードさせる »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof