My Photo

« iOS7に更新したiPadのSafariで問題発生 | Main | WEBページのタイトルとURLを一発コピーするFirefoxのアドオン »

October 20, 2013

auのLTEでhttpとhttpsでIPアドレスが違った

前の記事でiPadを使って調査をしていたときにハマってしまったことのメモ。

問題が起きていたWEBアプリはIPアドレスでアクセス制限をかけていた。http用とhttps用に.htaccessがあって両方にIPアドレスを書くとWEBアプリを使えるようになる。
クライアントのIPアドレスを調べるのは便利なサービスがあったので利用した。
自分のグローバルIPアドレスを確認するツール IP君

上記のサービスで表示されたIPアドレスをそれぞれの.htaccessに記入して、さて調査開始、と思ったらうまく行かない。httpの部分にはアクセスできるが、httpsの部分にアクセスできない。403エラーになる。
403ってことはアクセス制限に引っかかってるということだ。IPアドレスを確認したが、間違いはない。

数時間ハマってしまった。原因は、httpでアクセスしたときとhttpsでアクセスしたときでリモートのIPアドレスが違っていたことだった。
上記のサービスはhttpなのでそこで判明したIPアドレスはhttpの方の.htaccessに書くのは正しいが、httpsの.htaccessには別のIPアドレスを書かなければならなかったのだ。両方にhttpのIPアドレスを書いていたからhttpの方はOKでhttpsの方は403になる。当たり前だ。

WEBサービスのログからhttpsでアクセスしているときのIPアドレスを調べてhttpsの.htaccessに書いたら問題なくhttpsの部分にもアクセスできるようになった。
なんですぐに気付かないんだ。実は最初にこのことに気付くヒントがあった。最初にhttpsのところで取っているログを見て、直後に上記のサービスの画面を見たのだがそれぞれのIPアドレスが違っていたのだ。でもその時は「時間が経ってIPアドレスが割り当て直されたんだろう。」と思ってしまった。俺のバカorz

これはiPadとか端末の問題じゃなくてWANの問題?
回線はauのLTE。httpのIPアドレスは数分単位でコロコロと変わった。ちょっとアクセスしないとすぐにアドレスが再割り当てされるようだ。対してhttpsのアドレスは少なくとも日中はずっと同じだった。翌日になると変わっていたが。
ちなみにドコモの3G回線でAndroid端末からアクセスした場合はhttpとhttpsで同じIPアドレスだった。

« iOS7に更新したiPadのSafariで問題発生 | Main | WEBページのタイトルとURLを一発コピーするFirefoxのアドオン »

プログラミング、技術情報」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/58420298

Listed below are links to weblogs that reference auのLTEでhttpとhttpsでIPアドレスが違った:

« iOS7に更新したiPadのSafariで問題発生 | Main | WEBページのタイトルとURLを一発コピーするFirefoxのアドオン »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof