My Photo

« JavaScriptの正規表現で前方一致(後読み)が使えない | Main | Excelの絶対参照・相対参照 »

June 19, 2014

Ubuntuサーバでのサービスの起動・停止

関連記事:UbuntuサーバのApache2でURLリライトを試してみる

以前の記事で apache2 を再起動するコマンドを

sudo /etc/init.d/apache2 restart

と書いたが、vsftpd の起動を同じように

sudo /etc/init.d/vsftpd start

とすると、起動するにはするが次のようなメッセージが表示される。

Rather than invoking init script through /etc/init.d, use the service(8) 
utility, e.g. service vsftpd start

Since the script you are attempting to invoke has been converted to an 
Upstart job, you may also use the start(8) utility, e.g. start vsftpd 

service か start を使えと言っているようだ。
serviceコマンドの書式は以下。

service <サービス名> <コマンド名>

サービス名は apache2 と vsfptd で動作を確認した。
コマンド名は start, stop, restart, status がある。それぞれ起動、停止、再起動、ステータスの確認。これだけ覚えておけば最低限のことはできそう。

start コマンドの書式は以下。

start <サービス名>

こちらはサービス名として vsftpd しか確認していないが、たぶん他にも色々使えるんだろう。 start は開始しかできないので、service を覚えておけばいいように思う。

上のメッセージに "Upstart" という言葉があるが、これは「initデーモン」というものらしい。

参考ページ:
管理者必見! ネットワーク・コマンド集 - serviceコマンド:ITpro
Upstart を使ってお手軽 daemon 化 - インフラエンジニアway - Powered by HEARTBEATS
Upstart の動きを理解する - いますぐ実践! Linuxシステム管理 / Vol.188

« JavaScriptの正規表現で前方一致(後読み)が使えない | Main | Excelの絶対参照・相対参照 »

Linux」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/59843825

Listed below are links to weblogs that reference Ubuntuサーバでのサービスの起動・停止:

« JavaScriptの正規表現で前方一致(後読み)が使えない | Main | Excelの絶対参照・相対参照 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof