My Photo

« September 2014 | Main | November 2014 »

October 19, 2014

逗子で釣り

台風接近前の先週の日曜日、釣りに行ってきた。場所は逗子の初めて行くところ。現地に着いたのが15:30頃で竿を出していた時間は1時間半ほど。やる気のない釣り^^;

京急で新逗子に向かった。金沢八景で快特を降りて向かいのホームに止まっていた普通に乗り換えたのだが、浦賀行きだった。横須賀中央で気付いて上り普通で金沢八景まで戻った。30分ロス。京急逗子線ってほとんどがエアポート急行になったんだ。知らなかった。
新逗子で降りてJR逗子駅前バスロータリーからバスに乗って現地へ。後でわかったことだが、バスロータリーまで行かなくても新逗子駅北口のバス停から乗れる路線だった。逗子・葉山あたりでバスに乗るといつも思う。このあたりは海岸沿いや山を切り崩ししたところに通した細い道が多くて、バスの運転手は大変だろうなと。

バスを降りて釣り場へ。着いた時間が時間なので空いていた。防波堤を乗り越えてテトラポット上でチョイ投げ。波が少し心配だったが台風が近づいているとは思えないほど穏やかだった。
エサは大分前に買ったガルプとかいう人工エサ(臭いが付いてるイソメみたいなやつ)。液漏れして干からびかけててダメかなと思ったが、ハゼっぽいのが1匹釣れた。ガルプは結構保つんだな。ボウズを覚悟していたので1匹でも釣れて良かった^^

5時過ぎに日が落ちた。その後も少し竿を出していたがどんどん暗くなっていくので5時半前に撤収。「秋の日はつるべ落とし」とはよく言ったもんだ。
帰りもバス。ただし来る時に降りたバス停は鎌倉駅行きしかない(反対側に逆方向行きのバス停がない)ので、逗子方面に向かうバスがあるバス停まで少し歩いた。
そして予想通りの渋滞。三崎港から三崎口へ向かう路線ほどでもないが、逗子駅近くになるとなかなか進まない。バスに乗っている間、録音しておいたWEBラジオを聞いていた。これがなかったら猛烈暇をもてあましていただろう^^;

短い時間でも空いてる釣り場だったので結構楽しかった。でももうさすがにキスも少なくなってくるだろうから、今回が今年最後かなあ。帰省したときを除くと、今年は2回しか釣りをしてない^^;

20141019_haze


HTML全体からjQueryオブジェクトを作成、find()とfilter()の違い

jQueryを使っていて予想と違っていたことがあったので検証した。使用したブラウザはFirefox32と33。

以下のようなhtmlのデータがある。表示のスクリーンショットはわかりやすいようにcssを付けてある。borderが破線になっているブロック要素はoptionクラスが付いている。

<!doctype html>
<html>
<head>
	<meta charset="UTF-8">
	<title>HTML5 Sample</title>
</head>
<body>
	<header>h</header>
	<section>s1</section>
	<section class="option">s2</section>
	<section>
		s3
		<div>s3_d1</div>
		<div class="option">s3_d2</div>
	</section>
	<section>
		s4
		<div>
			s4_d1
			<p>s4_d1_p1</p>
			<p class="option">s4_d1_p2</p>
		</div>
	</section>
	<section class="option">s5</section>
	<footer>
		f
		<div class="option">f_d1</div>
	</footer>
</body>
</html>

Response_html

上記のhtmlデータからoptionクラスを持つ要素をfind()、filter() で抜き出すJavaScriptコードを含むHTMLファイルと初期表示のスクリーンショットを以下に示す。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>find() と filter() の動作比較</title>
<script type="text/javascript" src="./js/jquery-1.8.2.min.js"></script>
<script type="text/javascript">
$(function() {
  $("input[type=button]").on("click", function() {
    name = $(this).attr("name");  // "find"または"filter"
    $("#funcName").text(name);  // 何を実行するかの表示
    $.get("./sample.html", function(responseBody) {
      var $responseBody = $(responseBody);
      var $result = $responseBody[name](".option");  // find()またはfilter()を実行
      $("#top").after($result);
    });
  });
});
</script>
<style type="text/css">
#top { width: 250px; border-style: solid; border-width: 4px; border-color: #ffff00; margin: 0px; }
header, footer { width: 250px; border-style: solid; border-width: 4px; border-color: #ff00ff; margin: 0px; }
section { width: 250px; border-style: solid; border-width: 4px; border-color: #ff0000; margin: 0px; }
div { width: 200px; border-style: solid; border-width: 4px; border-color: #00ff00; margin: 0px; }
p { width: 150px; border-style: solid; border-width: 4px; border-color: #0000ff; margin: 0px; }
.option { border-style: dashed; border-width: 2px; }
</style>
</head>
<body>
<section id="top">
  <form name="form" id="form" action="./get_html5.php" method="post">
    <input type="button" name="find" value="find">
    <input type="button" name="filter" value="filter">
    <span id="funcName"></span>
  </form>
</section>
</body>
</html>

Test_find_filter_0

ボタンを押すとAjaxで最初に示したHTMLデータを取得し、そのデータからjQueryオブジェクトを作成する。そして押したボタンに応じて find() または filter() でoptionクラス付きの要素を取得して表示している画面に追加する。
13行目で作成されたjQueryオブジェクト $responseBody の中身をfirebugsで見ると以下のようになっている。HTMLページ全体のデータからjQueryオブジェクトを作ると、head要素とbody要素の直下の要素が並んでいるのがわかる。head要素とbody要素は含まれていない。HTMLの構造そのままのjQueryオブジェクトが出来ると予想していたけど違った。なぜ head と body がないのかはよくわからないが、とりあえずそういうものだと思っておこう。

Watch_responsebody

findボタン押下(find()実行)後、filterボタン押下(filter()実行)後、それぞれ以下のようになる。

Test_find_filter_1
Test_find_filter_2

上記の結果から、find() と filter() で選択されるoptionクラス付きの要素はbody要素の子要素をLV1とすると、
find() で選択されるのが

LV2:<div class="option">s3_d2</div>
LV3:<p class="option">s4_d1_p2</p>
LV2:<div class="option">f_d1</div>

filter で選択されるのが

LV1:<section class="option">s2</section>
LV1:<section class="option">s5</section>

である。
以上より、find() と filter() の違いは以下になる。

find()
jQueryオブジェクトの直下の要素の子孫要素から要素を選択する。直下の要素は対象外である。この記事の例では $responseBody の直下の要素である meta,title,header,section,footer は選択処理の対象外であり、それらの子孫要素が選択の対象となる。
つまり find() は直下より下の子孫要素すべてから指定した条件の要素を選択する。
filter()
直下の要素から選択する。それらの子孫は対象外である。この記事の例では $responseBody の meta,title,header,section,footer が選択処理の対象となる。
呼び出し元のjQueryオブジェクトの集合から引数のセレクタに合うものだけを残し、合わないものはふるい落とす。名前の通りフィルタリングすると覚えるといい。
セレクタ1を要素セレクタ、セレクタ2をクラスセレクタまたは属性セレクタとすると
$(【セレクタ1】【セレクタ2】)

$(【セレクタ1】).filter(【セレクタ2】)
は同じになる。

参考ページ:
.find() | Qrefy - jQuery日本語リファレンス
.filter() | Qrefy - jQuery日本語リファレンス
jQuery の解釈するHTML 文字列 - do_akiの徒然想記

October 13, 2014

初めての成田空港

先々週の土曜日、成田空港に行ってきた。釣りに行こうか空港に行こうか迷って、準備が面倒なので空港にした。飛行機に乗るのではなく、いつかLCCを利用するときに「○○航空のチェックインカウンターどこだ?」みたいなことにならないように予習しておこうかなと。
羽田には何度も行っているが成田は初めて。二十うん年前、中学の修学旅行で成田空港の敷地内にある「成田エアポートレストハウス」に泊まったのだが、空港のターミナルビルには入らなかった。せっかくすぐそばに泊まったんだから空港の中を見たいなと思ったのだが、そういうのはなかった。

東京・銀座から片道1000円のバスが出ていて意外と安く行ける。予約しないで乗れるけど、予約で満席なら乗れないので飛行機に乗るときなら予約をしておいたほうがいいだろう。もし予約無しなら東京より始発の銀座から乗った方が乗れる確率は高そうだ。
空港にはいる時にセキュリティチェック(本人確認)があった。これは知らんなかった。バッグの中身とかまで調べられるわけではなく、身分証明書の確認だけ。日本人なら免許証、外国人はパスポートを見せればOK。

1時間ちょいで成田空港に到着。思ったより早い。第2ターミナルで降りた。
一番自分が利用しそうなバニラエアのチェックインカウンターを確認して、レストラン・ショップのフロアと展望デッキを見てきた。バニラのカウンター、わかりにくいところにあるなあ。今思えばジェットスターも確認しておくんだったと思う。
それから連絡バスで第1ターミナルへ。第1ターミナルはレストラン・ショップのフロアと展望デッキをうろうろ。展望デッキは第2より第1の方が見やすかった。

帰りは成田スカイアクセスの特急(羽田空港行き。スカイライナーではなく特急券が不要の列車)を使った。成田空港駅はJRと京成があって、さらに京成はスカイライナー専用ホームとその他のホームがあって結構複雑。
乗換案内を見ると新橋でJRに乗換とあったが、面倒なので品川まで行って、品川で京成の普通列車に乗り換えた。JRを使ったほうがちょっとだけ料金は安くなるっぽい。

成田空港を見てきての感想。
第1、第2ターミナルどちらについても、羽田よりエスカレーターが少なくて上下の移動がしずらいかなと思った。第2ターミナルの3Fにいて、「2Fに行きたいんだけどエスカレーターどこだ?」と少し探してしまった。
初めてだとちょっと戸惑うところもある空港だ。予習に来て良かった。来年はバニラで奄美大島に行きたい。行けたらいいなあ。
見学じゃなくて実際に旅行で飛行機を利用するために成田空港に行くとしたら、早朝出発便ならやはりバスで。旅行だと大きな荷物を抱えての移動になる。早朝出発便なら夜12時台にバス停のある銀座まで終電近くの電車で移動するのは難しくないだろう。
しかし早朝ではない午前中の便の場合、スーツケースを持って電車で通勤時間帯の都心を横断するのは厳しい。京急の普通で品川まで行って成田エクスプレスに乗り換えようと思う。通勤時間帯でも京急の普通なら快特やJRの京浜東北線に比べたら空いているだろう。


写真は第1ターミナルの展望デッキで撮ったタイ国際航空のA380。総2階建て。でかい。
A380

October 10, 2014

jQueryのセレクタについてメモ

基本だけどよく忘れるのでメモ。

セレクタでマッチした要素の存在チェック

やり方はいくつかあるようだが、自分としては下記のやり方が一番わかりやすいかなと。

$(<セレクタ>).length > 0

逆に「セレクタにマッチする要素がない」という条件は次のように書ける。

$(<セレクタ>).length == 0

参考ページ:jQueryによる要素の存在チェックまとめ: 小粋空間


セレクタ間の関係

セレクタ間の記号意味
スペース子孫
>親子
,OR
+直後
~兄弟

否定のセレクタ

:not(セレクタ)

属性セレクタのand

以下のように書くと属性セレクタを間を空けずに連続して書くと、属性セレクタを条件をANDで連結したセレクタとなる。

[属性名1=属性値1][属性名2=属性値2][属性名3=属性値3]...

参考ページ:Qrefy - jQuery日本語リファレンス

October 07, 2014

秀丸エディタのTSV・CSVモード

秀まるおのホームページ(サイトー企画)-秀丸エディタの紹介(Ver8.00対応版)(TSVモード,CSVモード)

長年、秀丸エディタを使っていたがこれは知らなかった。便利^^
メニューの表示(V)>タブストップの下に「TSVモード(タブ区切り)」と「CSVモード(カンマ区切り)」がある。TSV・CSVファイルをちょっと参照したり修正したりしたいとき、きれいに列をそろえて表示してくれる。
欲を言えばCSVモードの時にカンマは値の直前にあった方がカンマの位置も揃って見栄えがいいかなと。まあ少し気になるという程度のことで、値の位置さえ揃っていれば実用上問題ないんだけど。

Csv_mode

October 05, 2014

2014年夏アニメ感想

PSYCHO-PASS サイコパス 新編集版

オリジナル版は見ていない。やっぱ虚渕さん最高ですわ。近年見た作品では一番だ。
ユートピアのようなディストピアを舞台にまったく容赦のないハードなストーリー。完全な管理社会に縛られた猟犬とその社会を否定する天才犯罪者との戦い。最高だった。
ストーリーや世界観はもちろんだけど、天野明のキャラクターデザイン、声優の演技なども文句なし。
特に語り部である常森朱が良かった。ヒロイン然とした顔じゃなく、常にちょっと困ったような感じの愛嬌のある顔で一目見て気に入った。最初は見た目どおりの頼りない新人だが、作品中で精神的に成長していく様を花澤香菜が非常にうまく演じていたと思う。「ゼーガペイン」で「棒子」なんて言われてたのがこんなにいい声優になるとは思いもしなかった。自分の中で花澤香菜が演じたキャラクターと言えば「物語シリーズ」の撫子だったが、常森朱も代表キャラクターに入れておこう。
ラスト、狡噛は船室っぽいところいたみたいだから海外に逃亡したのかな。
OP歌「凛として時雨」の「abnormalize」は良かった。
続編は虚渕さんから冲方丁に。これは問題ない交代。1クールらしいので、テレビ1クールやって結末は劇場版ってことか。

残響のテロル

最初は面白いと思った。スピンクスと警察、というか柴崎刑事の頭脳戦を期待したのだがリサ、さらにハイヴが出てきた2段階で失速した感じ。恋愛要素入れた方が一般受けするんだろうけど、そういうのが見た語ったんじゃないんだよなー。監督の放送前のインタビューから「テロに直面する日本」を正面から描く作品だと思ってたのに。
OP歌はGalileo Galileiの尾崎雄貴を菅野よう子がプロデュース。良かった。

ばらかもん

原作については以前書いたが、アニメも同様の面白さ。
残念イケメン書道家と超元気なガキを筆頭にど田舎の人々との交流。都会の人は「ちょっと田舎に行って見ようかな」って思うんじゃないかな。五島市にとってはすごくいい観光PRになったのではないか。ひさんいをは無理でもアジでいいから釣りに行きたい^^
あと小野大輔と脚本家でやってたWEBラジオを面白かった。

ガンダムさん

5分のギャグアニメ。ガンダム好きだだけど、あんまり面白くなかったなあ。
声優の変更は違和感なかった。シャアの小西克行、アムロの代永翼、ララァの藩めぐみ。
#キシリアたんの広橋涼はギャグなんだろう。
オリジンの声優はシャア、アムロ、ララァはこのままでいいんでは。ブライトは成田剣の方がいい。

他には「白銀の意思 アルジェヴォルン」は2話か3話くらいまで見ていたがやめた。「アルドノア・ゼロ」を録画しているが、まだほとんど見ていない。リアルタイムでちょいちょい見たが、1話通して見た回はない。
この2作品はロボットアニメだがとても対照的。前者は「熱血主人公が超高性能試作機に乗る」、後者は「クールな主人公が量産期に乗る」。前者の方が一般的だろうが、こういうのは食傷気味。「見方のピンチに命令無視して主人公が突撃、主人公機の超性能(あるいは偶然)で敵を撃退」みたいな何も考えていないような話、制作側は「こんなのよくあるな」って思わなかったのかね?王道だからそれでいいと?
「アルドノア・ゼロ」は分割2クールで後半は来年ということなので、年末年始の休みに一気見するか。

手放しで褒めたい作品が2つもあった。いい3ヶ月間だった^^

« September 2014 | Main | November 2014 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof