My Photo

« January 2016 | Main | March 2016 »

February 28, 2016

2016開幕戦勝利

湘南vs新潟の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ):Jリーグ.jp:

用事があったのでリアルタイムでは見れず、BS-TBSの中継を録画しておいて夜に見た。
不安しかない状態で開幕戦を迎えたが、結果は勝利。とりあえずホッとした。
最後のPK献上はいただけないが、何はともあれ勝点3だ。

CB早川は不安もあったが堂々とプレーしていた。解説の金田さんも褒めてたし。プレーより小さいのに技術でCBというポジションをやっているという存在自体が金田さん的には好みなんだろうなー。
守備陣は高山や三竿にやられた場面も結構あったが、最後の場面で玉際で厳しく行って、あと湘南の決定力不足に助けられた感もあってなんとかPKの1点に抑えた。改善点は多そうだ。守田はビッグセーブもあったけど連携や飛び出しの判断について金田さんがよろしくないって指摘してたな。

伊藤優汰はいいね。「左でギュンと同じように使える」みたいな評価があったけど、シュート決めれる分ギュンより上じゃね?ギュンはあいかわらずシュートの前までは良いがシュートが決まらん^^;
ラファはコンディションがまだ上がってない感じもするけど、でもゴールするんだからすごい。今シーズンの浮沈はラファの稼働時間にかかってるような気がする。

全員がすごく良かったわけじゃないがまあまあ良くやって、チャンスで確実に決めて勝った。最後のPK以外は良くやったんじゃないだろうか。
まだ1節、1勝だが残留に向けての1歩前進だ。

February 14, 2016

2016 J1順位予想

新潟以外のチーム事情はよく知らないが適当に順位予想。

優勝争いは
鹿島、浦和、G大阪、広島
の4チーム。あえて年間勝点1位を上げるとすれば、浦和かなあ。次はG大阪。
浦和は外国人DFとU-23キャプテン遠藤が加入で守備力アップ。G大阪はアデミウソンが入って攻撃陣はさらに良くなった感じがする。
この2チームを比べると
  攻撃:浦和<G大阪
  守備:浦和>G大阪
  選手層:浦和>G大阪
みたいな。ACLに出るチームは選手層も大事。よって総合的には浦和の方が上かなと。
広島はドウグラスOUT、ウタカINは戦力ダウンな感じがするので。
鹿島は金崎が戻ってきたので今シーズンはリーグタイトルも可能性あると思う。

残留争いは
仙台、新潟、湘南、甲府、神戸、福岡、鳥栖
と多いけどこのあたりかなと。
特にやばそうなのが新潟と甲府かな。

柏、名古屋を下位に予想している人ちらほらいたが、この2チームは順位を下がるとしても選手の質は悪くないから降格争いまで落ちることはないだろう。
湘南は遠藤ら主力が3人抜けたためにかなりの人が降格と予想していた。でも俺は昨年より順位は下がるだろうが、監督が続投しているのでブレない戦い方で降格までには至らないのではないかと思う。

J2からの昇格チームは結構行けるんじゃないかと。
プレーオフに勝ったチームは毎年1年でJ2にUターンしてるが、福岡は去年の後半の勢いからすると残留の可能性はあると思う。
2位で昇格の磐田はカミンスキー、アダイウトン、ジェイという優良外国人がそのまま残ったのが大きい。

新潟は、まず悲観的な予想から。
・新監督のサッカーが開幕戦までにチームに浸透するだろうか?
・コースケ、大井の移籍で戦力ダウン。

FWより得点してたコースケの移籍で攻撃力ダウン。今年も2トップが指宿とギュンでは期待薄。特にギュンは去年あれだけ試合に出てリーグ戦で5得点というのは残念すぎる。
DFに関しては、サッカーダイジェストの開幕戦の先発予想でCBの先発予想が大野と早川だった。新人の早川で大丈夫か?身長170cmって上背も足りないし、J1の実績あるFWを抑えられる気がしない。

楽観的に予想すると
・ブラジルトリオが残ってくれた。
・若手が多いので波に乗れれば。
若い選手全員が少しずつレベルアップして、全体としてチーム力を上げてくれれば、なんとかなる、か?

まあ普通に考えたら新潟は去年15位でギリギリ残留で今年は戦力ダウンだから降格候補だよな。

今シーズンはサッカーバーでやってるときだけでなく新潟のリーグ戦全部見たいので、スカパーかJリーグオンデマンドを契約しようか悩み中。

順位予想:

優勝争い
1:浦和レッズ
2:ガンバ大阪
3:鹿島アントラーズ
4:サンフレッチェ広島

中位
5:FC東京
6:川崎フロンターレ
7:横浜Fマリノス
8:柏レイソル
9:大宮アルディージャ
10:名古屋グランパス
11:ジュビロ磐田

残留争い
12:サガン鳥栖
13:湘南ベルマーレ
14:アビスパ福岡
15:ベガルタ仙台
16:ヴィッセル神戸
17:アルビレックス新潟
18ヴァンフォーレ甲府

February 08, 2016

エルゴノミクスキーボード導入

長年プログラマをやってきて経年劣化で手首や指が痛むようになってきた。
湿布を張ってみたがあまり効果がなかったので、手首(や肩)への負担が減るというエルゴノミクスキーボードを試してみることにした。
ちなみに今まで使っていたのは一般的な109キーボード。

エルゴノミクスキーボードといえばkinesisすごいやつだが、心理的にも値段的に敷居が高い。US配列しかないし。
なので値段もそこそこの日本語キー配列のエルゴノミクスキーボード、Sculpt Ergonomic Keyboard For Businessを購入した。

Ms_ergonomics_keyboarc_2

キーボードを変えるついでにChange Keyというキー配置変更ソフトを使って全く使っていない無変換、変換、カタカナひらがなキーをそれぞれCtrl、Enter、Backspaceに割り当てた。この3つのキーを頻繁に使う人っているのかなあ。

まだ1日だが、感想。キーボードの良し悪しなんて全く個人の好みだろうからあくまでも個人的な感想。
サイズ感は結構大きい。机の上に置くとテンキーが別になっている割には幅がある。また取り外せないパームレストがあるので奥行きも結構ある。
レビューでこの取り外せないパームレストの劣化が心配というのがあった。東プレのキーボードやHKKみたいな1万円~数万円のキーボードならともかく、これは5000円台だ。1年くらいで傷みがひどくなって気になったらまた買えば良いじゃんって思う。半年くらいでだめになったらそりゃ怒るけど。

さて、使ってみて気に入った点は、手首が楽。これは間違いない。
旧キーボードだとキーを打っているときに手首が結構不自然な方向に曲がっていることがあった。これが新キーボードだと自然な感じで楽だ。即効性はないかもしれないが、長く使えば手首の負担は相当減りそう。

一方気に入らない点は、分かっていたことだが今までのキーボードと違い過ぎて違和感が半端ない。
まず、右手の外側の方のキーが遠く感じる。よく使うEnter、Backspace、Delete、0、-とかが。当初、Change keyで変換キーにはShiftに割り当てるつもりだったが、Enterが遠く感じたので割り当てをEnterに変えた。しかしこうなるとEnterとBackspaceを両方とも右手の親指で押すことになる。Enterを押すつもりで間違ってBackspace押して何かを消してしまうなんて悲劇もおきかねない。若干心配だ。
また、スペースキーの幅が小さい。今までのキーボードはホームポジションに手を置いた状態で左手の親指がスペースキーにかかっていてそのままテンキーを押せたのだが、新キーボードでは左手親指が変換キーの上に来る。つまりスペースキーを押すために意識して左手親指を動かさなければならなくなった。
あとこれは自分のタイピングのやり方に問題があったのかもしれないが、6を右手の人差し指で打鍵するクセが付いていたため、右側に6キーがある新キーボードでは6を打つつもりで7を打ってしまうことが何度もあった。

今のところミスタイプ頻発で使っていてすごいストレスを感じる。慣れてくれば減るんだろうけど。
慣れるのとミスタイプのストレスが閾値を超えるのとどっちが先か、というところだ。

マイクロソフト [人間工学] ワイヤレス キーボード Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006 マイクロソフト [人間工学] ワイヤレス キーボード Sculpt Ergonomic Keyboard for Business USB Port 5KV-00006

マイクロソフト  2013-09-27
売り上げランキング : 1879

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« January 2016 | Main | March 2016 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof