My Photo

« 2017J1第4節 横浜FMvs新潟 | Main | ついに三浦監督休養 »

April 02, 2017

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」感想

ゴミ溜め、最底辺の子供たちの生きるための戦い、俺はいい作品だったと思う。楽しめた。
twitterやらWEBやらで他の人の感想を読むと、ああいう終わり方だからある程度は否定的な意見が出るだろうなと思っていたけど、予想より多かった。その否定的な意見の中でも「まあわかる」っていうのと「そうかぁ?」ってのがあった。

「まあわかる」の方は「厄祭戦やエイハブリアクターなどSF要素が話しに生かされてなかった」っていうの。それはまあ脚本が岡田麿里だから。感情を描くのが得意な人で、SFとかミステリとかロジカルな作品は全く書けない人だから。「花いろ」や「あの花」は良かったけど、「フラクタル」と「迷家」は散々だったでしょ?
だからはSF要素捨てたのはある意味正解だと思う。ガンダム的ではなくなったかもしれないが。

「そうかぁ?」の方は、「ミカが死んだからダメ」っていう意見。こういうこと言ってる人は「主人公が最終決戦でラスボス倒す展開しか許さない。主人公が負けるとか死ぬとかあり得ない。」って思ってるのかな。
まあ最後は巨大な敵を打ち倒してカタルシスを感じたいというのはわからないでもないが、それでしか楽しめないというはなんか了見が狭いというか、もったいない。
すっきりしたいならイオク様がむごたらしく死んだことですっきりすればいい。正直、俺も「ざまあww」って思った。
鉄火団は年少組の多くや非戦闘員が脱出できたんだから、ミカと昭弘は本望でしょ。主人公死亡だからハッピーエンドとは言えないが、バッドエンドでもない。

Bパートが丸々後日談で鉄火団の生き残り達は堅気になってる奴もいれば鉄火団での出来事を強く引きずってる奴もいて、岡田麿里っぽいなと思った。
あとマッキーが望んだ世界の一部をラスタルが実現するってのも、皮肉が利いていて良かった。

そう、マッキーのことに触れないと。鉄火団にとって強力な味方のままでいてくれるのか、それともラスボスになるのかって、どっちだろーって思ってたらなんと鉄火団を破滅に導く疫病神でしたと。予想外の展開。
よくわからない行動原理や考えの浅さについて、ネットでの考察で「アグニカポイント」なるもので説明されていて、最後には「オモシロキャラ」と見ることも出来た。2つの方向から楽しませてくれるいいキャラクターだったww

« 2017J1第4節 横浜FMvs新潟 | Main | ついに三浦監督休養 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26461/65100267

Listed below are links to weblogs that reference 「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」感想:

« 2017J1第4節 横浜FMvs新潟 | Main | ついに三浦監督休養 »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

日本blog村

  • にほんブログ村 IT技術ブログへ
  • にほんブログ村 アニメブログへ
  • にほんブログ村 サッカーブログ アルビレックス新潟へ

好きな音楽家

メモ

XI-Prof